2016/01/27

ルスツリゾート

2016.1.16-18
北海道のルスツリゾートで滑走。
日本の中でもスキー場を多く抱えている長野出身の僕が、初めて北海道で滑る!
北海道の雪のお手並み拝見というところでしょうか。

到着日はやや雪が降っていて、2日目、3日目は快晴。
ゲレンデ直結のホテルに宿泊。
theリゾート地というようなホテルで、ホテル内にメリーゴーランドがあり、動物が歌ったり踊ったりしている。
そして外国人が多い、異国感。

なんちゅーもんを、なんちゅーもんをつくってくれたんや、山岡はん…

萎びたゲレンデメインで滑る僕には、とてつもなく光って見えるスキー場でした。明る過ぎて直視できない。そしてリア充の巣窟。

関西方面の高校生が修学旅行みたいな感じで宿泊して滑っていたけど、金持ち高校だな、と思ったり。貧乏な私とは縁遠い空間。
つーか、修学旅行とはいえ、滑れない奴にルスツとか勿体なさすぎる。

ともかく。

一般の人はこういう感じで泊まりながらスキーを楽しむのか、ということも発見。
地元スキー場日帰りで一日券を使いまくってガンガン滑るタイプの私に考えられない文化。
何事も経験ですね。

と言いますか、私の実家が白馬や志賀高原や野沢温泉、斑尾、八ヶ岳方面にだいたい1時間程度で行ける好立地なために、わざわざ泊まる必要を感じない、というのが正しいかも。

まぁ、楽しみ方・過ごし方はいろいろありますよね。
という感じで、底辺に身をおく人間の必要ない敵意が出ました。

さておき。

スキー場は、練習に適しているところや、みんなでわいわい楽しむとこがあると思うけれど、ルスツは当然みんなでわいわいのスキー場、かと思ったけれど、実は意外とそうでもない。

ホテル直結のゲレンデは、半分から下が初心者や修学旅行の学生が滑るような傾斜で、上の方はやや急斜面、ホテル近くに一応パークもあった。
ゲレンデのメインは、たぶんイゾラと呼ばれるところで、ホテル正面ゲレンデからゴンドラに乗って山2つ分くらい移動。
そちらはゴンドラ2つと高速リフトがいくつかあるので、搬送能力はなかなか良い感じ。
イゾラ方面は、圧雪されたコース以外はともかく、コースに限って言えば、特に地形的に楽しむような感じでもない。全体的に圧雪されてフラットなロングコース。カービングターンとか練習に向いている。
すごく広くて滑りやすいし、これが家の近くにあったら余裕でぼっちボーダーになって練習してまう。
ゲレンデも距離が長いし幅も広いので、傾斜が厳しいところも少しあるけれど、気にせず、かなり滑りやすい。

というのが、普通のピステンバーン。
そして、初めてなので分からなかったけど、パウダーが好きな人は、コース外にあたる林の中を滑っているっぽい。
良いのかどうかはさておき、外人も結構コース外、ツリーラン。
ほほう、そうやって楽しむのか。

ちなみに、たまたまゴンドラが一緒になった(おそらく)地元で仕事をしながら新雪が降ると会社を早退して滑りに行くらしいシンガポール人のインストラクターの人に案内してもらって、スキー場内、色んな所を滑った。どこが滑りやすいとか、どこが沢になっているのかとか、他の人が入りにくい場所とか。
さすが、情報は地元の人に限る。

午後は、順番にコースがクローズしていくので、最後の連絡リフトとかゴンドラに間に合うように帰るところだけ注意。
ゲレンデもホテルも楽しめる、良いスキー場だと思います。雪がガンガン降って毎日パウダーを狙えるようなら1週間くらい滞在していても良いかなと思うけれど、晴れが多くてピステンがメインになりそうなら、数日で満足できます。
近くにあるニセコにも行ってみたい。

2013/05/03

春スキーは練習

4月20日 雪山29日目:野沢温泉
5月2日 雪山30日目:竜王スキーパーク

今年の長野県北部地域は4月に入っても時々雪が降るなど、例年になく春スキーが楽しめてます。

ゴールデンウィーク中にあと1回行く予定。
今年は結構頑張ったな〜

竜王で初めて真面目にキッカーに挑戦した。
一番の問題点は恐怖を克服できないところだな…
飛んでしまえば、あとはなるようにしかならないので特に問題ないのですが、飛ぶ直前のスピードでちょいとビビリな一面が垣間見えてしまって良くない。
まだ、まっすぐ飛んでるだけなので、まずはスピードに慣れて余裕が出てきたら動きを付けられるようにしたい。
あと1回で、何か掴めるか!?

2013/04/15

まだだ、まだ終わらんよ

4月13日 雪山28日目:野沢温泉

実に3週間ぶりくらいのスノーボード。
滑りたいなーって思っていたけど、春スキー特有のザラメ雪があまり好きでないので、なかなか重い腰が上がらなかったのだけれど、なんとなんと。
奇跡的にも、水木金曜に積雪を観測。(山の方)
まさか4月に入って3日も連続で降るとは思わなかったし、しかもそこそこ積もったということで、テンションが上った!
さすが、長野県だぜ!(志賀、野沢、白馬)

ということで、どこに行こうか迷ったところ、雪質の良い時間帯に一気に滑って帰ろうということになり(脳内で)、半日券が安くて滑るコースがそこそこある野沢温泉に白羽の矢を立てたわけです。
朝早く起きて、ゴンドラ運行時間に合わせて出発→到着したと思ったら、出遅れてたorz
オンシーズンでもそこそこ駐車場に空きがある時間帯に到着だと思ったんだけど、意外と人がいた。
春スキーヤー恐るべし。

肝心のゲレンデはというと、積雪のおかげが相当あり、4月なのに場所によっては雪がキュッキュ鳴ったりして最高だった!まぁ、場所によってはザラメ100%みたいなところもあってガッカリだったわけですが。
とは言え、やっぱりスノーボードは楽しい( ・∀・)イイ!!

ただ、かなり久しぶりに滑ったので膝が((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルいいだしてしまい、午前どころか3時間くらいで良い感じに。膝、\(^o^)/オワタ

GWあたりまでまだまだ滑れそうなので、あと2回くらい行けたらいいな~と思った4月上旬。

2013/04/02

今シーズンのまとめの続き

さて、前回以降、行った雪山です。

2月15日 雪山18日目:シャルマン火打
2月16日 雪山19日目:野沢温泉
2月17日 雪山20日目:戸隠高原
2月23日 雪山21日目:菅平高原奥ダボス(3回目のスキー合宿)
3月2日 雪山22日目:野沢温泉
3月3日 雪山23日目:妙高杉ノ原
3月9日 雪山24日目:栂池高原
3月14日 雪山25日目:焼額山
3月16日 雪山26日目:妙高池ノ平
3月24日 雪山27日目:栂池高原ヘリスキー

3月3日の杉ノ原以降は、暖かい日が続いたので、ゲレンデがシャーベット状になってしまって残念だった。
ただ、そんな中でも志賀高原の焼額は、前日〜当日、雪が降った事もあってか、まずまずのコンディションで、さすが志賀高原と思った。
暖かい下界とは一転、山頂は氷点下11度と寒く、帰るときはバッテリーが力なくキュルキュルしてしまい、帰れなくなるかと思った。やはり春先でも気温が低く、雪質も良く、楽しめるスキー場は志賀高原ですね!
リフト代が高いけど!

2013/02/15

急遽、総括

雪山の記録を行った日ごとにレビューしようと思っていたけど、思いのほか行く回数が多くなったことと、レビューの推敲が意外と大変で、投稿が追いつかなくなってしまったので、急遽、今までの総括を実施。
細かい内容はシーズン最後として、ひとまず忘れない記録程度に書き残す!

雪山7日目 12月31日:野沢温泉
雪山8日目 1月5日:白馬五竜&hakuba47
雪山9日目 1月12日:白馬コルチナ
雪山10日目 1月13日:戸狩温泉
雪山11日目 1月19日:白馬八方尾根(スキー合宿1回目)
雪山12日目 1月20日:戸隠
雪山13日目 1月25日:黒姫、タングラム斑尾
雪山14日目 1月27日:斑尾高原
雪山15日目 2月2日:白馬岩岳
雪山16日目 2月9日:X-JAM高井富士
雪山17日目 2月10日:竜王スキーパーク(スキー合宿2回目)

慣れ親しんだ山

12月24日
雪山6日目:菅平高原(大松)
父親と、地元ゲレンデへ。
すごく寒かった…でも雪質が今季最高を記録したと思う。やっぱりマイナス10度くらいでないと雪がキュッキュしない。
特段、雪質にこだわりがあるわけでもないですが。重くない乾雪が良いです。
菅平(大松)は、一般の人もいるけど、学生スキーヤーが多いと思った。しかもスキーヤーのレベルが高い。レーシーな人ばかり。
なぜだろうか…SAJ公認のコースがあるからかな。
それとも比較的安めのゲレンデだから学生が集まるのか。
ともかく、上手い人が多いスキー場は滑っていて安心。自分がオロオロしていても避けていってくれるし。ボードよりスキーのほうが細かく動けるし、なおさら。
ここに来ると、スキーがやりたくなってしまって困る。
親と共用で1本買おうかしら。

2013/01/17

自分自身にも言い聞かせること

12月23日
雪山5日目:タングラム斑尾

これからスノーボードをはじめる人と一緒に行った。
タングラムはファミリースキー場ということもあって、下の方は広くてなだらかで滑りやすくて良い。

で、肝心の滑りは、、、と言うと、人に教えるのって難しいね…
勉強と違って、これをこうすればこうなる、と言う論理的な説明が難しい。
実際に滑ってる本人でないと角度をどうするとか、足をどうするとか動かせないし、バランスがどうなっているのかなんて、それこそ本人じゃないと分からない。
しかも本人もそんなに滑り込んでいるわけではないから、どこに体重がのってるのかなんて的確に言えないし、大変なことばかり。
で、なんとか滑るために、何回も転ぶ。
これはもう、転んで体でコツを掴むしかないのかな。
なにか、うまいこと練習できる方法はないものか。
自分が初めて滑ったときも、全然うまく滑れなかったけど、何回か行ってそれなりに滑れるようになったから、諦めずに滑り続けるしか無いのかも。
続ける努力が大切。

2013/01/16

次へ進むためには

12月22日
雪山4日目:野沢温泉

長野県統一のスキー場オープンイベントがあったので行って来た。
ゆるキャラが4人?いた。アルクマくん(長野県)、ナスキー(野沢温泉)戸狩温泉の何者か、おひょっくりん(白馬八方)。
なかなか楽しいイベント。
とは言え、特に何かに参加したということはなく、単に野沢温泉に滑りに行っただけですが。
天気は曇り。やや雪が降っていて、気温も低かったのでサラサラの雪質が楽しめた。
晴れている日に滑りたいけど、曇で気温が低い日の方が雪質が良いのもあり、どっちをとるか…というところですね。
この日も飽きずにカービングの練習。
なかなかうまくならないというか、どういうところに気をつけたら良いのか分からなくもあり、プロとかスクールで学ばないと次のステップに行けないのかなーと思う、最近。

2013/01/15

目的を持って練習する

12月15日
雪山3日目:野沢温泉
15日から長野県内のスキー場の多くがオープンしました(*´ω`*)
どこに行こうか迷ったけれど、本日の天気予報が雨だったので、標高の高いところが良いかな?ということで志賀高原に向かったのだけれど、結局着いたのは野沢温泉。(途中、行き先変更しました…)
オープンから1時間後くらいに着いたのに、ゲレンデ下の方の人が多いなと思ったら、なんと強風のためゴンドラ運転見合わせとのことでした。
/(^o^)\ナンテコッタイ
しかも雨の予報だったのもあって、12月にしてはかなり気温が高い。
雪が春くらいの質感でした。湿雪で重い。
オープンしているコースも多くなく、一日券を買って、下の方を何回も行ったり来たり…

今日のテーマはカービングだったのですが、なかなかうまくいかないですね。
どれくらいの力をかけると、エッヂがどれくらい引っかかるのか。
そもそもエッヂにうまく乗れてないようで、ターンで板がズルズルっとドリフトみたいにズレてしまう。
うーむ、まだまだ練習が必要。

練習の心得、練習は2種類あると思います。
①意識しないとできないことを、意識すればできるようにすること。
②意識すればできることを、無意識でできるようにすること。

こういう日もある

12月6日
雪山2.5日目:志賀高原、焼額山

会社を休んでシコシコ向かう。
湯田中過ぎた当たりからガスで前(道路)がよく見えなくなり、雪も降ってきて、これはダメなんじゃないかと思いつつ、焼額へ向かうこと数十分。丸池あたりから前が全く見えない!
夜間瀬を通過したときは、スキースクール的な人がいたので大丈夫かなーと淡い期待があったのですが、思ったとおり、焼額に着いたときは、悪天候のためゴンドラの運転見合わせ中という結果に。
待っている人もチラホラいたけれど、僕は帰ることにしました…
ジーザス!メーン!こんな日もある!
また次に期待します。

行ったけど滑れなかったということで、2.5日。

より以前の記事一覧

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ad


twitter

無料ブログはココログ