2016/11/01

コンビニ人間

コンビニ人間 村田沙耶香
評価:★★★★★

本を読むのは好きですが、特に拘りがある訳ではないので手当たり次第に読んできました。なので、今回、初めて何かしらの賞を受賞した本を読んだことになります。
ネット上で面白いという意見をチラホラ見た、というのも理由の一つ。

感想は、とても読みやすく、内容も面白く、現代社会あるある、みたいな感じ。
読み始めて一気に最後まで読めました。

社会の中で「自分らしくいる」ことはとても難しくて、「自分らしさ」の実現や自分の居場所を求める場所が、家庭だったり、会社だったり、友人関係だったりするのだろう。そして、主人公はそれをコンビニでのバイトで実現している。「自分らしさ」を出せるのがコンビニだったと言うより、バイトを始めたコンビニにおいて、「自分らしさ」が形成されたとも言える。

一方で、「(普通ではないという意味での)自分らしさ」が外に出ている人を見る「周囲の人」は、その人が普通の人として理解されるくらいのムラ社会に属していて、そのムラでの振る舞いができている。
そういう多数の人は、主人公のような(普通でない)人を面白がったり、上から目線で心配したり、異常だと認識したりする。
自分たちのムラにはいない異端者として扱う。

こちら側とあちら側。

「現代社会、個人主義だと言いながらムラに所属しようとしない人間は、干渉され無理強いされ、最終的にはムラから追放される」

ムラに居続けるには、そのムラにあった振る舞いをしないといけない。
コンビニにいるには「店員」になりきらないといけない。
周りに合わせることが必ずしも良いことだとは思わないけれど、周りに合わせないことで排斥の対象になる可能性が高まるのも確か。
幼い頃で言えば、いじめの構造と同じだと思うし、会社にだってこういうのはある。

郷に入っては郷に従え、ということを分かりやすい身近な物語にするとこの本の内容になるのだと思います。
コンビニでバイトをしたことがある人は、結構理解できると思うけど、私はコンビニバイトをしたことが無いので、いまいちピンと来なかったし、目新しい内容や考え方でも無かったかな、というところです。
ただ、読みやすいので、読んで見て良いと思います。

2015/09/26

統計学が最強の学問である

統計学が最強の学問である
西内啓
★★★★★
統計的な評価は説得力があるので、統計は便利なツールだと思う。
これは学生でも興味のある人、働く社会人の人は、一度読んでおくのが良いと思う。会社でいろいろ使えそう。
ただし、必要な説明をするための的確なデータを考えたり、探したり、資料から引き出してくるのが大変そうだな、うちの会社の場合。

学生時代、統計とか社会調査を少しかじっていたので、特に引っかかりはなかったけれど、あまり触れていない人は少し抵抗があるかも。わからないところはググりながら読めばいいけど。


2015/07/04

フェイスブック

フェイスブック
デビット・カークパトリック
評価:★★★★☆

CEO(経営者)になるということは、自分の打ち込んでいたこと、好きなことを事業として始め、事業として始めた自分の好きなことに徐々に打ち込めなくなり、そして、お金の計算ばかりするようになる。さらには、自分に近づいてくる人は何を求めて来るのか、何を意図して近づいてくるのか、疑心暗鬼ではないけれど、常に人となりなどを考えるようになるのだろう。
起業が簡単にできたとしても、自分のやりたいことに第一線で活躍している間は楽しくても、経営側の課題の対応が始まったら一気にベクトルが変わるのかなと思ったり。起業してみて分かることもあるし、失敗したとしても次があるし、起業するなら若いうちだな。

フェイスブックのCEOマークザッカーバーグが、学生時代からどのようのフェイスブックを作り、拡大、資金調達、関係者集め、対立、紆余曲折合ったか、フェイスブックの社史ではないけれど、そんな感じ。
自分のやりたいこと、会社の存在意義、これらか進んでいく方向はぶれていなくて、起業についてガイカワサキ?が言っていたことと一致していると思った。
意思決定の仕方とか知りたい。
映画も映画館で見て面白かったので、映画もぜひ。
映画の場合は「ソーシャル・ネットワーク」か。


想像ラジオ

想像ラジオ
いとうせいこう
評価:★★★★☆

本屋で話題になっているっぽかったから読んでみた。
私は、東日本大震災に関するニュースとか本とか記事とか、テレビでちらっと見ることはあっても、これまで積極的に進んで読んできていません。日常生活でテレビ、ラジオ以上に情報に出会うこともなかったし、意識して読もうとも思っていなかったので。たまたま、今回は、そうとは知らず、手に取って読んでみて、というところ。
東日本大震災で被災した人、津波で流されて木に引っ掛かっている人が発信していて、生きている人には届かないけど、亡くなってしまった人には届いて、それぞれが互いに想い合っていることが必要なんだよ、的な話?(かと思います)
面白いとか面白くないとかだと読みやすいし面白いけど、小説なので特に感想はなし。
一つの物語としては面白いです。
個人の資質、心情の問題だと思うけれど、小説を読んでも感動したりとか、こころ動いたりとかあまりないので、私自身がつまらない人間だということでしょうか。
なーむー(本の感想でない。)

ジェフ・ベゾス アマゾンを作った仕事術

ジェフ・ベゾス アマゾンを作った仕事術
桑原晃弥
評価:★☆☆☆☆

ジェフベゾスのこれ以外の本をまとめたような本で、これを特に読みこむ必要はないという本でした。
評価もこれ以上の内容が無い、っと。
特に読む必要なし。

日本人改造論

日本人改造論
ビートたけし
評価:★★☆☆☆


ビートたけしは芸人なので本で読むより、テレビで見ている方が面白い。お笑いでも、そうでない真面目なコメントする番組も含めて。
これまでビートたけしの本を何冊か読んできて、少し前に発売されて読んだ1冊。
ビートたけしの口調で書かれているので、ビートたけしが話しているようだけれど、読んでいて、今までの本より読みにくい感じがした。書いてある内容も今までの本よりつまらないと思った。
なんだろう。インタビュワーというか、編集者が変わったのか。
しいて言えば、今まで出版されている本の方が、面白い。
本の作りは今までの本と同じだと思うので、読むなら昔の本がよいと思うけれど、時事的な話を読みたいならこれでしょうかね。

地方消滅

地方消滅
増田寛也
評価:★★★☆☆

人口減少社会に日本が突入していることは知っていて、出生率が上がれば、ひとまずは人口が減少しないようになるということわかっているつもりだったけど、本を読んでみると、出生率が上がったところでなかなか簡単にすむ話でないということが分かった。実際に人口が安定するのには数年のタイムラグが発生するため。
そらそーか。
人口の増減なんて現象でしかないと思っているので、それをコントロールするのは大変だと思うんですよね。
社会保障というか子育て支援が充実したら、子供を産みやすくなって増えるというのも分かるんだけど、それは、つまりは金がないから子供を産まないということで、じゃあ金があるだけで子供が生まれるのか。収入は少子化の原因の1つではあると思うけど、それだけじゃないんじゃないかなー

子供が欲しい、産みたいという時が私にも来るのでしょうか。
まったくその気配はないし、気配が生まれない自信がある。
子供育てるなら、田舎がいいなぁ〜

絶歌

絶歌
評価:★★☆☆☆


話題になっていたので。売ってない書店もあるやないやの話だったけれど、本屋に行ってみたら平積みされてたので購入。
被害者に無断でとか、印税がAに入る、とか出版はけしからん系の意見は多々あるようですけど、この本に限らず、他の事件でも本になったりしているので、事件の特殊性だけを取り上げて発売はいけない、と言うのはどうかと思いますが。出版社も売れるから出版するわけで、そこは仕方ないかな、と。
この本の出版が社会的に意義があるとも思えないですし。意義を見出すならネットに上げるだけでも良いわけで。

これを読んだからといって、何か変わるような本ではないけれど、図書館とかにあったら読んでみたら?レベル。

事件の話もあるけれど、ほほぅーと思ったのは、出所してから、観察員(?)が付いて、社会生活を送っていくわけですが、1人の人間を社会で生活できるように支援していくために、かなりの人が関わっているところ。そんな仕組みになっているなんて知らなかった。
一方で、1人の人間に、どれだけコストをかけているのか、そこまで投資する意味はあるのかと、正直思った。
社会に出て働いて生活して、税金とか払って、何か間接的にでも社会の財となるようなものを生産して、それが生涯続いたとして、投資しただけの意味はあるのか。投資が回収できなくても、人として生活させる意味はあるんだろう。
出版について腑に落ちない人もいるのはわかるし、人の生活を投資回収効果で図るのもいかがかと思うけど、反省したのかよくわからないし、これから頑張って人並みに生活してくださいってことで終わり。

2013/10/19

勝ち続ける意志力

勝ち続ける意志力
評価:★★☆☆☆

特段、感想はなし。
一つのことに打ち込んできた過去と、その基盤の上にある今と、これからの自分はこれで良いのか?感と、スランプというか、一時的に打ち込んできたことから離れたい感覚等など、プロゲーマーも他のプロ系スポーツとか何でもそうなのだろうなーといったところ。
私は何かのプロでは無いけれど、一般人でも、いまの仕事とか家庭とかで似たような「これでいいのか」感は持っているような気がするので、特段プロに限った話では無いかと。
今まで打ち込んできたこととか、日常から離れて気づくこともあったりするし。
日々、研鑽に励むってのは、意識高い系なら誰でも、むしろ喜んでやってるし、ましてやプロなら結果を出すのが仕事。
ただ、毎日毎日続けるってのは厳しいけれど。
しかしプロのゲーマーってすごいジャンルだわ。

現代建築に関する16章

現代建築に関する16章
評価:★★★☆☆

建築の勉強をしていると自然に耳にする単語について、基本的なこと、導入部分のような知識を得られるのでとても分かりやすい。
ただ、それの現状と、その良し悪しってのは人によって異なるので、この本を読んで、こういう考え方の人もいる、では自分はこれから勉強してどう考えるか、問題をどう解決するか、というところを忘れなければ良いかと思った。
もう建築の哲学的な部分を生業としていないので、振り返りのような読書でした。

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ad


twitter

無料ブログはココログ