« ルスツリゾート | トップページ | 仕事の気分転換(岡山北部編)② »

2016/09/15

仕事の気分転換(岡山北部編)①

仕事が辛いので休みの日はリラックスできるように心がけているところです。
今回は2日くらいの休みが取れたので、温泉に入ること、行ったことのない場所に行くことを目的として計画を立てました。まぁ、だいたい目的はいつも同じなんだけど。
最終的に岡山県北部にある湯原温泉でゆっくりすることと、そこに行く途中、高梁市にある吹屋ふるさと村と勝山の町並み保存地区が見れそうだったので立ち寄ることに。

仕事が終わり、朝方から出かけようと思っていたけど、ふと気を抜いたら寝てしまい、結局出発したのが12時くらい。
まずは高梁市の吹屋ふるさと村に向かう。
お金が潤沢ではないので、高速道路ではなく下道。
飲み物も、家で作っておいた烏龍茶を持って…
ついでに、起きるのが遅くて慌てていたらご飯食べるの忘れた。

出発。

岡山市内から高梁市まではだいたい一本道で2時間かからないくらい。ふるさと村はさらに山よりにあるので、プラス時間がかかって、でも2時間位で到着。
平日で人が少ないから車も少なくて、どこの駐車場が良いのか山道を少し迷ってしまったけれど、観光用の無料駐車場に駐車。

いざ散策。

んー、赤い。でもvividな赤ではない。

Img_20160914_141053

それぞれの家自体は、妻入りだとか入り母屋だとか特に統一されているわけではないけど、赤というか、ベンガラ色が主となって、町並みの統一感、雰囲気が良い。家の瓦がベンガラ色かと思いきや、壁板もベンガラなんですねぇ。これは意味があるから塗っているんだよなぁ。

お土産屋で、雨に濡れると唐草模様とか桜の模様とかが浮き出る傘が売られていて、ちょっと欲しくなってしまった。店のおばちゃんとも「いいっすね~。かっこいい」とか話して買おうかとふと思ったけど、よく考えたら、傘さす時は雨が降っているわけで、そうしたら模様が出て当然なわけ。模様が出ていない状態の傘は当然いつもは閉じられているのだから、この模様が浮き出る感動は買うときだけなんじゃないかと。
使うときには気づかないんじゃないかと。てか、そもそも模様付きの傘買えばいんじゃね??

ということで、スタコラサッサと移動。

平日は閑散としている前提か、着いた時間が良くなかったのか分からないけど、閉まっているお店もあって、活気は少なめで残念でした。人も少なかった。

ということで伝建地区を楽しんでいたら15時くらい。
この調子だと勝山行って、湯原の温泉に入れないかもしれない!と焦り、勝山はスルーして一路、山道を湯原へ向かいました。

つづく。


« ルスツリゾート | トップページ | 仕事の気分転換(岡山北部編)② »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22678/67511361

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事の気分転換(岡山北部編)①:

« ルスツリゾート | トップページ | 仕事の気分転換(岡山北部編)② »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ad


twitter

無料ブログはココログ