« 2013年5月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013/08/31

ちょっと考察

最近、電気代高いなーと思って、暇だったので、今までの領収書とか整理したり捨てたりするついでに、どれだけ電気料金やガス料金がかかっているのかグラフにしてみました。
ちなみに、時系列は、今の社宅が部屋別オール電化化したH23.9〜最新月まで。
入社からH23.8末までは、社宅のインフラが時代錯誤的な共同だったので、よく覚えていないけど、社宅共益費?みたいなので、みんなで電気料金とガス料金を割っていたので、そこのデータは不明。
H24.5〜H25.6末までは、異動で長野に住んでいて、そこの社宅はオール電化ではなく、電気料金とガス料金が発生していたので、生活のインフラ代としては、単純に合計値をとるということにします。
ちなみにガスは、プロパンではなく都市ガスです。
H24.5の異常値は、異動のゴタゴタでデータ不足の部分があるので、データ的には無視するとしまして…

図1:これまでのインフラ代
Photo

電気のみの金額ベースだと、当然のことながら、ガスを併用していた長野にいた時は安い。でも、ガス料金をそのまま上乗せすると、電気とガスの合計は東京にいた時の電気料金を上回るので、長野にいた時の方が、生活のインフラ代は高い。これは、いたって当然の結果。
電気、ガスそれぞれが基本料金+従量制だから、合わせ技で安くするのはなかなか難しい。

図2:電気使用量と単位あたりの電気料金
2

電気だけをみるとして、電気使用量と電気料金から、kwh単位あたりの電気料金を比べてみたら、これもまた長野にいた時のほうが、東京にいた時より高い。
これだけ見ると、東京電力より中部電力の方が単位あたりの電気料金は高いと言えそうだけれど、東京にいたときはオール電化割引的なのが発生していて料金がやや低くなっていたのと、長野にいた時は、震災後で全体的に電気料金がやや上昇傾向にあった、ということを考えると、程度としては同じなのかもしれない。
ただ、電気料金が上昇傾向にあったとして、どの程度上昇していたのかは不明なので、考察としてはなんともいえないです。
ただ、結果が当たり前すぎて、手持ちのデータからは、これといった面白い発見はできず…

図3:ガス使用量と単位あたりのガス料金
3

ちなみにガスも同じように単位あたりのガス料金を出してみたけれど、使用量に結構な幅があって、ものすごいグラフになってしまった。ガス使用量が少ないと単位あたりの料金が大きくなり、多く使うと小さくなるので、ガスは基本料金の比重が大きいということでしょうか。
使えば使うほど安くなるわけではないけれど、ガスを使うなら、ある程度は使ったほうが良いのかも。
電気は使用量の変動に対して、単位あたりの料金がそれほど動かないので、できる限り節電する、という選択は合理的。

ということで、今の社宅ではできないのだけれど、電気を使いながらも、節電に励みつつ、ガスが使えれば、ある程度はガスを使って、例えば、エネファーム的な、ガスでマイホーム発電なことができれば、良いのかもしれません。
ただ、どれくらいのガスでどれくらいの電力が発生できるとか、自宅発電のイニシャルコストが発生するので、なんともというところ。

いろいろ書きましたが、そもそも社宅の電気契約を部屋ごとの個別契約じゃなくて、社宅一棟の大口契約にしろって言いたい。

2013/08/19

夏休み①

キモノの『右前合わせ』はいつ頃始まったのか?
http://blog.livedoor.jp/kurowasai/archives/360676.html

2泊3日で岐阜の郡上八幡、静岡周辺で遊びました。
細かな出来事はこれからちょこちょこと書いていくとして、郡上八幡のお祭りに参加する前に、デキるおばちゃんに出会った。
浴衣女子と一緒に郡上八幡駅で友達を待っている時に、駅の写真を撮っていたら、駅近くの花壇に水をあげていたおばちゃんが浴衣女子に向かって、「重ね方が逆だよ、死に装束になってるよ」と教えてくれたのです。
僕は浴衣を着ることなんて、旅館で寝る時くらいなので、右が上とか左が上とか詳しくないし、と言うか、男なら左が上、女なら右が上、というのが普段の服の形なので、女の子の「右が上」の状態が浴衣では違うとか、まず気が付かない。
ついでに言うと、柄くらいしか見てない。
でも、そのおばちゃんは浴衣女子を見るなり、「逆だよ」と教えてくれたので、そのスピード感に驚いた。
一瞬見ただけで、普通気づくの?
まずは、浴衣の柄とか見ない?
とか思うので、たぶん、そのおばちゃんはだいぶ着物を着慣れた人、もしくは、着付けとかする人なんだなーと思ったところ。

冒頭のリンクのように、浴衣を着るときは、男子も女子も左が前にくるらしいです。

補足
左が前」というのは、自分から見て左側が前ということで、周りの人が見たら、来ている人の右側が前にきているということです。

2013/08/16

埼玉西部

○東村山
○川越
△熊谷
○足立

埼玉と言いつつ東京混ざってますが。
地方の観光地は、電車の利便性が低い場合は駐車場需要が結構あります。
なので、観光地へ行くと、時間貸し駐車場が周辺にあって、そこへ車を駐めて観光へ行く、または、郵便局とか図書館とか公共施設の無料駐車場に駐車して(違法ではないけど、迷惑駐車?)観光へ行く。
駐車場として使えそうな土地があれば、駐車場化した方が、良い場合もありそうですね、かかる費用とメインの観光場所までの距離による訳ですが。
ただ、駐車場がポコポコ街なかなにあると、町並みの連続性という意味においては、あまりよろしくないかな、と思うところもあり、難しいです。

さて、毎日考えている問題ですが、偉い人や国への説明資料を個人的にまとめて作成していきます。
総務省統計局から引っ張れるデータを揃えて。
10月には資料が揃っていないと行けないから、今月中には大きな流れと現状とこれからとしてまとめておかないと、来年の自分の仕事が、アリバイ作りみたいな大変なことになりそう。

2013/08/14

神奈川シリーズ

○横浜南
△港南
×港南台
○横浜金沢
×横浜旭
○港北
×戸塚
○久里浜
△藤沢
○大船
○逗子

今日も昨日と似たような動きだけれど、やはり客観的に事業可能性を示す資料が必要、だけど現状、それが手元にない。
僕が考えるに、恐らく、客観的なデータは今ある実績から傾向を割り出して、その他のデータにエイヤ!と当てはめて、得られた結果で良いんじゃないだろうか。
最終的に実施するかどうかは、それぞれにヒアリングをするわけだし、最初の入口で門戸を小さくする必要は無いだろう。順々に、フィルタを厳しくしていけば良い。

事業の必要があり、収支も取れている実績から考察するに、商業もしくは近隣商業くらいの地域区分でないとダメ→なぜか→駅に近い、人通り、車の往来が激しい、
台数にフィルタをかけている→○台以上は、収支が取れる→なぜ○台以上で収支がとれるかと言うと…
地域区分が商業もしくは近商で、車の○%が利用すると想定すると・・・みたいな

上のことは、それとなく提言していこう。というか、自分で作っておこう。
外から来た人にいろいろやらせないというか。

2013/08/13

視察

なんでも良いのでなるべく毎日更新できるようにします。

視察
×石神井
×玉川
○千歳
×登戸
×麻生
×鶴川
○成城
○多摩
×町田
×八王子南
△昭島
×あきる野
△羽村

物理的にできる・できないという部分はさておき、物理的な制約をクリアしているときに、そこに市場があるのか・ないのか、というのを、1次データとして入手できるデータから弾き出したい。
そして、市場があるのであれば、一体いくらくらい儲かりそうなのか。それについては、これまでの事例から、台数、市場、周辺状況から推測できる数式のようなものを作れれば、良いかなと考察。

つまり、①市場の有無、②収益の大きさ
ちなみに、今考えている、データとして使えそうなもの
①について、駅からの距離、建物の用途地域、昼夜感人口比、自動車保有台数、もしくは保有割合、人口構成、半径Xkm内にある同業他社数(台数)
②駅からの距離、台数、建物の用途地域、
かなー。よく分からないな。

ひとまず、今週は他の視察も終わらせて、事前に自治体からデータを入手しておこう。
今の仮説でやってみて、ダメだったらもう一度考えなおし、っと。

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ad


twitter

無料ブログはココログ