« メモ | トップページ | トレーニング »

2012/04/03

バイラル・ループ

読み終わった本
バイラル・ループ
評価:★★★★☆


最近はやりのソーシャルメディアというものが、どうやって急速に拡大していったのか、ということが書かれている。
Twitter、Facebookをはじめ、hotmail、ネットスケープ、eBay、PayPalなどなど。
簡単に言うと、最初は全部口コミで、中には思ったように拡大しなかったものもあるようだけど、この本に事例として載っているのはすべてうまいこと指数関数的に拡大したものらしい。

本の内容は結構面白かった。

よく知られているけど、拡大するには、
1 イノベーター 2.5%
2 アーリーアダプター 13.5%
ーーーーーーキャズムーーーーーーーー
3 アーリーマジョリティー 忘れた
4 レイトマジョリティー 忘れた
5 ラガード 忘れた
というものがあって、最低アーリーアダプターまで食いつかないと拡大しない。
しかも、拡大にはキャズム(溝)超えしないといけない。
キャズムは全体の16%だから、16%を超えたところが食いつく面白さがないといけない。

ということに理論的にはなっている。
なので、この本に載っている企業?サービス?はキャズム超えをしたということになる。

けど、読んでいてちょっと分からないことがあって、最初に教えた人(口コミの元の人)が上で言うイノベーターとかアーリーアダプターに該当したから拡大したのだと思うけど、じゃあ、「最初に教えた人がイノベーターとかアーリーアダプターである(あった)」ってのはどうやって分かるのかと。
併せて、キャズム超えした要因は何なのか?ということ。
どれも”最初は友人に教えて”広がっているけど、友人がみんなイノベーターとかアーリーアダプターってわけではないと思うんだけど。
それとも、何らかのソーシャルメディアとかを生み出した人の周囲は、みんなイノベーターとかの素質があるってことなのか?
そして、そこら辺の仲間内でアーリーアダプターまで拡大すれば、キャズム超えするってことなのか?

FacebookとかのSNSが拡大するのはなんとなく理解できるけど、(大学内のコミュニティがWeb上で表現されるようになっただけで、それは面白いと思う大学が他にもあれば、転用すれば良いだけなので)それ以外の、PayPalとか拡大したクリティカルな要因はなんだろうかと。
使いやすさが抜群だとすると、遅かれ早かれ出てくるのかな?と思うから、急速拡大はたまたまの結果なんじゃないかと思ったり。
ここはどうでもいいトコだけど。

なんかうまく表現できないけど、一部、「なんで?」と思うところがあるのですが、内容はとても興味深いのでWeb関係とかSNS好きな人は是非と思う本です。

« メモ | トップページ | トレーニング »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22678/44742912

この記事へのトラックバック一覧です: バイラル・ループ:

« メモ | トップページ | トレーニング »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ad


twitter

無料ブログはココログ