« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010/10/25

ヒルズな人たち

ヒルズな人たち
評価:★★☆☆☆

堀江貴文(ライブドア)
三木谷浩史(楽天)
孫正義(ソフトバンク)
藤田晋(サイバーエージェント)
榎本大輔(投資家)
兼元謙任(オーケイウェブ)
宇野康秀(USEN)
明瀬洋一(Sentivision)
松島庸(M2X)
重田康光(光通信)

上に書いてある人たちの学生くらいの生活から、起業するまで、そして起業してからの事業の進み具合がそれぞれ書いてある。書いているのは(取材もかな?)佐々木俊尚という情報系のジャーナリスト。
ホリエモンについては、他のホリエモン関連の本を読んだほうが面白いし詳しくて、孫さんについては、「志高く」という本が詳しいので、特にここで読まなくて良いかと。
てか、古めの本だから今読まなくても良いと途中で思ってしまった。もっと新しい本は他にあるし。
個人的に興味があったのはUSENの宇野さんと光通信の重田さん。

視野が広いというか、スケールの大きい話ができる若い人が引っぱていく会社は面白そうだと思うし、情報系業界に偏るのかもしれないけど、成長のスピード感がある会社ってのは大変だとは思うけど楽しそうで良い。
もちろん若いとか経験不足があって、年をとった猛者たちにやられることも多々ある(らしい)けど、それでも自分のやりたい事、ベクトルにスピード感もっていけるのは、孫子の兵法に則ると最終的には良いところに落ちるのかな、と。

すごく儲かる会社が欲しいとか起業したいとは思わないけど、自分でいろいろ1から10まで関わるってのはおもしろうそう!!
100万くらいだったら損しても良いから起業してみると考え方が変わったり、見えるものが変わるのかな?と思う。
ちなみにソンさんの「志高く」とホリエモンの「拝金」は面白いから読むべし。拝金は一瞬で読みきれるくらいサクサクいける。   

2010/10/24

スピード感

兵は

拙速(さっそく)を聞くも、いまだ巧の久しきを賭(み)ざるなり

この言葉をとある部のとあるラインに小一時間くらい正座させて言い続けてやりたい。

意味は、戦いに勝つにはスピードが大切。丁寧に遅く(のんびり)やっても勝てたためしはない。

2010/10/19

積上げ

「がんばって○○する」とかあまり好きじゃないんだけど、最近はいろいろがんばってみたり、活動的になってみたり。
本も読むようになったし、ちょいちょい勉強したり運動したり、ネットでうろうろするようにもなってるし、休みの日とか仕事終わった夜とかにもいろいろな人に会ったり出かけたり。
例えば、1日で何かを1時間やって1ヶ月つづけたら、何もやってない人に比べて、その差は30時間。1年たったら365時間の差がでる。
やることは何でも良いんだろうけど、300時間も同じことやれば本当の素人でも上達するような気がする。

と思って、アンテナ広くして、いろいろ試してみるけど、この決意に一番必要なのは継続力だなっと。

一番簡単にできるのは、一日1時間余分に寝ることなんだけど、
これを300時間積上げたら、その結果はぷるぷるな肌になるんだろうな。

2010/10/16

数学力の教科書

文系ビジネスマンでも分かる数学力の教科書
★★★☆☆

仕事をする中で目標は定量的(数値)にするべきで、さまざまな判断基準も数字から判断して、その中身(質)の議論を心がけましょうという内容。
そしてその数字の意味を考えましょうという内容。
特に斬新といえるわけでもないけど、古いわけでもなくて、僕の擁に数字が苦手な人はちょっと読んでみると面白いと思う。

最近の話、うちの会社の会議の非生産性に驚いたし、会議に最新データを使っていないところに驚いたし、それを分かっていながら誰も不思議に思わないし、そういうものだからとか、上からの要求だからとか、過去のデータを洗い出す仕事がまわってきて、???ってなった。

なんだこれ。
バカじゃないのか、と。

しかもどこのデータから拾ってきたのかもわからないし、元データつくった人も「知らない」とか言い出すし、じゃあどうしろって言う・・・
仕方ないから、アホな電話をかけまくったけど、結局必要なデータは不明なまま。
そら、そーだろ。

間隔も重要だと思うけど、客観的なデータを基にして判断していけば成長していける企業は多いのかもしれないと思うけど、うちの会社はデータからどう判断するとかいう前に、まともな数字で仕事していくのを徹底しないとダメな会社だと思った。
うちの会社は、この本で言う、定量的分析のスタートラインにも立ってない。

おかげで僕のやる仕事が一日遅れましたよ。
昼ごはんも食べられなかったし。
しかも残業が発生したし。
同窓会という名目の合コンに遅れたし。

うちの会社つぶれれば良いのに。

2010/10/14

いちおう理系でしたけど

最近、とても都市計画とか建築が恋しくなってきた。
特に今日、とある赤い銀行の営業マンと話してて強く思った。

今の仕事も都市計画に決して近くはないけど遠くもなくて、やや不動産的な感じだから別に不満はないんだけど、バリバリでもないわけで、なんとも。。。

ちょっと昔を思い出して勉強でもはじめてみようかな〜と思った。
いつの日か今の会社もやめてしまうかもしれないし、ちょっと興味のある会社のメボシもつけているので、転職の可能性も考えつつ。

かつては都市計画を専門?としていたのを思い出して、ひとまず業務でも使う都市計画法・建築基準法
・農地法と国土利用計画法、宅地造成等規制法、土地区画整理法から。

とか言いながら、覚えるのメンドーで法律嫌い。
重要だったりよく使う部分を覚えちゃったりするのは分かるんだけど、そうじゃない法律を覚えるのってなんなんでしょう。
だって、知らなかったら調べればいいじゃんって思うし、将来変わる可能性があるんだから、とある時期の法律を覚えることに意義を見出せなかったりするんですよね。
数学とか科学の公式、方程式は覚えられるんだけど。
公式の成り立ちは意味があるから覚えやすいし、数学的科学的な部分は、将来をみてもスーパー大発見が無い限りは法則が変わる可能性ってないし。

まー、うだうだ言わずに恋しくなてきた知識なので頑張りますけど。

いろいろやりたいことが多くて、時間が足りないよ。

2010/10/13

ヒルズな人たち

今読んでる本。もう少しで読み終わる。
なかなか面白い。また感想書きます。

2010/10/11

世界は分けてもわからない

世界は分けてもわからない/福岡伸一
★★★★☆

後半、大学院1年の天才が現れてからが面白い。
セミナー(ゼミみたいなもの?)での発表で、どれだけポジティブな成果が発表できるか、ってのはどの研究分野でも同じ。ポスドクやドクターの存在意義も出てくる場所だし。
本文中のボスからポスドクへの一連の叱咤が痛烈すぎる。
おっしゃるとおり、なんですけどね。そうもいかないのが研究なわけで。。
働いてから思うけど、正直、研究活動より働くほうがストレスは溜まらない。
大学に残るのは就職できないとか、学問に忠誠を誓うとか面白おかしく言えるけど、研究者はキツイ道だと思う。将来的には研究職に就きたいと思うのかもしれないけど(現時点では、やや希望あり)

肝心な内容ですけど、
生物ってのは互いに補完しあっている部分があって、その補完しているものの単体とか、補完の仕組とかつながりを解明するには分割してそれぞれ調べないと分からない。でもその調べている部分ってのは、その切り取った一瞬の補完とかつながりであって、実のところは、切り取った次の瞬間に別の補完が働いたりするわけで、部分を切り取って分かったものは、その瞬間の事実でしか無いと。でも部分を切り取って研究しないと、その部分の働きは分からないわけで。
世界は分けないと分からないけれど、分けてもわからない。と言う何とも言えない終り。

途中で出てくるタンパク質とかアミノ酸とか酵素の話は高校時代の科学を思い出して面白かった。懐かしすぎる。
有機化学系は面白かったな〜。実験の反応速度が得意だったけど。

あまり内容に触れたコメントではないな…
元理系だったこととか大学院まで進んでしまったってのが、全体の話がどうこうよりも研究室とか実験の内容が強く印象に残ってる原因かな。

研究者の割に福岡伸一教授の本は読みやすくて面白いのでオススメしときます。

2010/10/10

10月

気づけば、もう秋になってしまった。
まったく更新してなかったけど、今日から更新するようにします。

で、久しぶりの更新の内容はというと、特に書く事もないんだよねー
最近面白いことなかったからなー

仕事も一段落ついたから、来週は少しゆっくり生活できそうです。
そして来週の金曜は、楽しまないといけないので、なんとか仕事を終わらせたい。
幹事ってあまりやったこと無いけど、まーいいか。

そういえば、同じ島の先輩(27女子)が入籍した。
あまりソウイウ雰囲気は出ていなかったけれど、10月の異動をきっかけにして職場が変わるから入籍もしましょう、的な感じになったようで。

うーん、
「結婚とカツラは異動のタイミングしかない!」とは良く聞くけど、やっぱりそうなのかな。
ということは、僕は再来年4月までにいろいろと結論を出す必要があるのかな。
再来年、異動だわ、確実に。全国、一体どこに行くのやら・・・
ひとまず希望としては、東京、信越、は出してあとは沖縄とか九州とか暖かいところがいいかな。

とか妄想して、実際に異動なしとかありえるからな、うちは。
法律どうなるかな。

では、また!

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ad


twitter

無料ブログはココログ