« 小休止 | トップページ | リーダーとマネージャー »

2010/06/27

2冊

最近読んだ本
論理思考は万能ではない

先に書くけれど、この本は良い本です。以下、内容と感想。

入社してすぐの研修で、仕事中とか起案するときとか論理的に思考できることが重要って叩き込まれたと記憶している。順番が逆になったけど、大学で論文を書くときも、もちろん論理的であることがもとめられていた。
のだけれど、結局論理的にものを語っていたとしても、実際には、「論理的思考」っていうのは自分の中の価値観だとか、自分はこうしたい!って考えを裏付けるため、相手に納得してもらうために存在しているのであって、大切なのは自分の価値観(判断軸)であるということが書かれている。
そんな個人の価値観が会社だったり顧客だったりに衝突したときにどうやって解決するかというと、強制でも妥協でもなく「調和」が必要で、それは相手の持つ価値を理解して、コミュニケーションをとって仮説形成して問題解決していきましょうってことなんだけど。
論理的に正しいことが必ずしも良いことではないし、単純に現状を論理的に解釈して導き出す答えしか出せないのであれば、機械が判断しているのと何ら変わりはなくて、そこに「あなた」が存在する意味はないってことで。
入ってくる情報に自分の価値観をプラスして、そとに出して行きましょうってことかな。

書いてあるのは、ごもっともな内容。
問題なのは、自分のやりたいことがあったとしても、提案の中に盛り込むのが難しかったり、説得しきれない部分なんだと思う。
というのも、だいたい自分の価値観とかやりたいことと衝突するのは上司だったり会社の経営方針だったりするわけで、そう簡単に説得できない現状がある。特に会社の経営方針とズレが生じる場合は厳しすぎる。
一緒に仕事をしている仲間との仕事の進め方とかなら比較的やりやすいけど。
で、それは説得できないあなたが悪いといわれても、上にも書いたように「論理的に正しいことが良いとは限らない」ということで否定されることもあったりして、話すら聞いてもらえない可能性もあるわけだ。
そうなると、重要なのは「衝突した相手が"ひとまず"自分の話を聞いてくれる理解ある人か?」ってことなんじゃないかと思うんだけど、そういう意味では、「この本を読んで得るものはあったのだけど、むしろ周りの人にも読んでもらって理解してもらうのが良い」というところに着地。

読み始めた本
シナリオ構想力

これはまだ少ししか読んでないけど、良書なニオイがします。

ただ、「ん?」と思う部分もあって、それっていうのは、インプットからアウトプットを生み出す間にどのようなことが起こっているか、そういう体系化することが難しい部分を体系化しようと試みているのだけど、体系化が難しいのは上の本にあるような「個人の価値観」がはいっているからなんじゃあなかろうかと最初の数ページを読んで思ってしまって、さらに「インプットからアウトプットを体系化することによってうまれた答え」ってのは、体系化できるという点で、上の「現状を論理的に解釈して導き出す答え」ってのに当たるような気がして、それって「あなたの存在は必要ない」ってことになるんじゃね?って思ってしまった。
まあ、読み進めていないのでなんともいえない訳ですが、また読み終わったら何かしら書きたいと思います。

そして、何となく2冊を眺めていて気づいたんだけど、どっちもファーストプレスの本だった。
ファーストプレスは意外と良書は多い(かもしれない)。

それでは。

« 小休止 | トップページ | リーダーとマネージャー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22678/35513734

この記事へのトラックバック一覧です: 2冊:

« 小休止 | トップページ | リーダーとマネージャー »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ad


twitter

無料ブログはココログ