« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010/06/27

2冊

最近読んだ本
論理思考は万能ではない

先に書くけれど、この本は良い本です。以下、内容と感想。

入社してすぐの研修で、仕事中とか起案するときとか論理的に思考できることが重要って叩き込まれたと記憶している。順番が逆になったけど、大学で論文を書くときも、もちろん論理的であることがもとめられていた。
のだけれど、結局論理的にものを語っていたとしても、実際には、「論理的思考」っていうのは自分の中の価値観だとか、自分はこうしたい!って考えを裏付けるため、相手に納得してもらうために存在しているのであって、大切なのは自分の価値観(判断軸)であるということが書かれている。
そんな個人の価値観が会社だったり顧客だったりに衝突したときにどうやって解決するかというと、強制でも妥協でもなく「調和」が必要で、それは相手の持つ価値を理解して、コミュニケーションをとって仮説形成して問題解決していきましょうってことなんだけど。
論理的に正しいことが必ずしも良いことではないし、単純に現状を論理的に解釈して導き出す答えしか出せないのであれば、機械が判断しているのと何ら変わりはなくて、そこに「あなた」が存在する意味はないってことで。
入ってくる情報に自分の価値観をプラスして、そとに出して行きましょうってことかな。

書いてあるのは、ごもっともな内容。
問題なのは、自分のやりたいことがあったとしても、提案の中に盛り込むのが難しかったり、説得しきれない部分なんだと思う。
というのも、だいたい自分の価値観とかやりたいことと衝突するのは上司だったり会社の経営方針だったりするわけで、そう簡単に説得できない現状がある。特に会社の経営方針とズレが生じる場合は厳しすぎる。
一緒に仕事をしている仲間との仕事の進め方とかなら比較的やりやすいけど。
で、それは説得できないあなたが悪いといわれても、上にも書いたように「論理的に正しいことが良いとは限らない」ということで否定されることもあったりして、話すら聞いてもらえない可能性もあるわけだ。
そうなると、重要なのは「衝突した相手が"ひとまず"自分の話を聞いてくれる理解ある人か?」ってことなんじゃないかと思うんだけど、そういう意味では、「この本を読んで得るものはあったのだけど、むしろ周りの人にも読んでもらって理解してもらうのが良い」というところに着地。

読み始めた本
シナリオ構想力

これはまだ少ししか読んでないけど、良書なニオイがします。

ただ、「ん?」と思う部分もあって、それっていうのは、インプットからアウトプットを生み出す間にどのようなことが起こっているか、そういう体系化することが難しい部分を体系化しようと試みているのだけど、体系化が難しいのは上の本にあるような「個人の価値観」がはいっているからなんじゃあなかろうかと最初の数ページを読んで思ってしまって、さらに「インプットからアウトプットを体系化することによってうまれた答え」ってのは、体系化できるという点で、上の「現状を論理的に解釈して導き出す答え」ってのに当たるような気がして、それって「あなたの存在は必要ない」ってことになるんじゃね?って思ってしまった。
まあ、読み進めていないのでなんともいえない訳ですが、また読み終わったら何かしら書きたいと思います。

そして、何となく2冊を眺めていて気づいたんだけど、どっちもファーストプレスの本だった。
ファーストプレスは意外と良書は多い(かもしれない)。

それでは。

2010/06/23

小休止

今日(22日)をもって、やっと今の仕事が一段落着いた。
3週間も不休の生活をしていた自分、よくやったよ。ホントに。

次の山場は、およそ1週間後の7月1日にやってくる(予定)
そして、今回の比にもならない超絶ビッグウェーブであることもほぼ確定。

うーむ、乗り切れるのか??
たぶん大丈夫だろうとは思うけれども、そんな予想を簡単に覆すのがうちの会社だから、ここは気を引き締めて生きたい。
ひとまず、1週間が空いたので、ちょっとゆったりと過ごそう。

かと、思っていたけれど、
よくよく考えてみると、この仕事ってあくまで出張だから、元いた場所に戻らないと行けないわけで、、、
それでいて、元いた場所の仕事もちゃっかり残っているわけで、、、
というわけで、1週間もゆったりできないわけで。。。

また別のところでビッグウェーブの予兆が見られる。

社会の荒波とは、こんなにもきついんかい・・・

波しかないぞー、波しか!
凪状態ってのはないのか!?
部分的にはなぎ状態が発生しているような気がするんだけど、そんななぎ状態に行けないのはまだ入社して浅いからか??

若いうちは働けってことですかね・

あー、ねむ。
おやすみ

2010/06/19

Ustでサッカーを見て思ったこと

我が家にはテレビという文明機器が設置されていない、そしてワンセグとかいう未来の「どこでもテレビ」も所有していない。
なので、どうやってサッカーを見ようか考えた結果、世界のスーパー生中継Ustにたどり着いた。
で、ちょろっと検索したら簡単に見つかった。
うーん、本当に便利な世の中になったもんだ。
テレビなんていらないぞ、ホントに。

で、そんなUstを見ながら思ったんだけど、
やっぱり画像はあらいんだよね。
テレビほど凝視しているわけじゃないから良いんだけど。
見辛いってのは否定できない。
で、これはどうやって解決できるのかなと考えると、単純に回線を太く、強くしないといけないんだなってことになるのでは?と思うけど、日本ではそこそこの太さと強さは確保されているんですよね(たぶん)。
地方とかでは弱いところもあるだろうけど。
で、さらに進んで、世界的に見たらネットワークの太さと強さってのがどうなっているかと考えると、恐らく日本のそれほど強くて太いのが整備されている国はそんなにないんじゃなかろうか。
先進国はそこそこいってるだろうけど、海外でネットを使った感じでは、それほどスムーズな感じはしなかったし。

そんな訳で、サッカーをustで見ると、発信側が南アフリカだからなのか、それとも他の国のテレビ局?の再送信なのか、発信している側が弱いので画像が悪いのかなと推測してみたんだけど、どうでしょう?
それとも単なるフレーム数の問題なのか?
画素数とかも?
フレーム数が上がれば、データ量も増えるから、最終的には回線の太さと強さと、所有するPCのスペックによるのか??

なんだ?よく分からなくなってきたぞ。

結局のところ、ustでみるサッカーは「こんなもんでしょう」って感じで見られてまあ良し、ってことと、わざわざustでサッカー見てるのに、画質だとか回線だとか考えてる僕はどれほどサッカーに興味が無いんだ、ということで。

ゆっくりねたい

なんだろう・・・
今週は水曜あたりから、寝てもまったく疲れがとれないし、喉が痛いし、体調不良感がハンパない。

喉が痛いのは、今いる場所で空調を使い始めたんだけど、恐らくカビとかなんか良くない雑菌系が大量に空気中に散布されたためではないかと、予想しとります。
ま、確証はないけど。
薬飲むくらいしか対処できない。

疲れが取れないのは、まったく理由が分からないので、これまた放っておくしかないかな、と思っとります。

問題をいろいろ感じていますが、これと言ってうまい解決手段がないので、放置されたままのが多い。
こうやって人はストレスを感じて行き、解決できない問題にぶち当たり、自殺に至るのでしょうか。

まー、僕はまだ死にませんけど。

そうそう、ちょっと前に「格下婚」ってのがニュースになっていたような気がする。

ーーーーーーーーーーーーー
「婚活」が盛んだが、パーティーなどのイベントに参加する男女の思いは、かつてと比べて少々違ってきているらし い。
意外にも、女性の場合は「(男性のほうが収入が少ない)格下婚」の相手を求めている ケースが増えており、その背景には

面倒くさくない
独身時代より生活はラク
自分が(経済的な)権力者であることによるストレス・フリー

などがあるようだ。

同書の中で、著者の水次さんは「格下婚」で幸せをつかんだ例を多数挙げるとともに、
「格下婚」のトラブルシューティングや「格下クン」との出会い方、「格下婚」を成功に導く秘けつなども詳説している。

ーーーーーーーーーーーー
らしいですよ。

友人の結婚式に行っていろいろ考えるけど、確かに僕としても収入が自分より多い女の人と結婚できたらどんなに楽かと思うし、それでいて女性は「やっほ〜い」って思えるのであれば、それはそれで良いかな、と思う。面倒じゃないし、生活もお互い楽だろうし。
でも、「女性が経済的権力者であることのストレスフリー」ってのは多分違っていて、女性の感じるストレレスは、だんなの「誰の金で生活できると思っているんだ!」的な発言がストレスになるんだろうと推測されるのですが、実際の夫婦間のストレスなんて対したことなくて、それよりも「それなり」の収入を得るために付随するストレスの方がはるかに厳しいんじゃないかと僕は思う訳です。
男女平等と行っても、今でも男の方が仕事で有利なんじゃないかと思えるし、「それなり」の収入を得るためのストレスの厳しさってのは、毎年の自殺人口3万人くらいのなかで男性がどれくらいの割合を占めているのか、その原因はなんなのかというのを調べると、主たる収入を得ることの厳しさってのがわかるのではないかと思う訳です。

あー、っと。
まだ書こうかと思ったけど、2つ書いて2つ自殺ねたになってしまったので、
ちょっとこれ以上書くのはやめる。

しつこいようですが、偶然にも自殺の話につながっただけで、僕は別に自殺しないので、そこらへんよろしく。

2010/06/17

寝坊

社会人になって初めて寝坊した。
起きてすぐ寝坊だと気づかなかった。
なぜなら、休日だと思ったから。

7:50 起床

3秒くらい考えて、おもむろに起き出して、時間確認して、顔洗って、うがいして、着替えて出発。
実にスムーズ!!
流れるような身のこなしを見せたかったな。
なんというか、、、風をいなす?みたいな、流れが美しすぎて、気流が乱れない?みたいな。
心の中では「うぽ〜い!」ってなってたけど。

7:55 出発

いや〜、焦ったね。近年まれに見るテンパリっぷり。
と言いつつも、しっかりこの面白さを伝えるべく、朝から電話したり、つぶやいたりしていたわけで、意外と余裕があったのかな。
結果として、始業には余裕で間に合った訳だけど、これが出張でなければ完全な遅刻だった。
明日は、寝坊はしないよう気をつけるけど、もう少し遅めに出発してみよう。
と思う。

2010/06/15

出来事

「出張中は残業代が発生しない」
という、衝撃の規定を覆す事実が判明。
「残業代、でます。」

おらー!待ってたぜ、これを!!

ということで、今までまじめに働いてきた自分を褒めてやりたい。

。。。。。。。。。。。

話はかわって、
今朝、通勤電車の時間をちょっとずらしてみた。
んで、ぎりぎり座れたので座ってみると、
なんと隣には眞鍋かをりに似た、超絶美人が座っていた(寝てた)。
そしてなんと、その反対の隣には
マツコデラックスの形態模写と思しき女性。
(注:マツコデラックスは男性)

地獄に仏とはこれいかに。

いや、そんなこと言いたい訳ではなく、朝からハッピーになった。
それにしても似ていた。
本人かと思ったしね。眼鏡かけてたけど。
でも地下鉄に朝から乗ってるわけないし。
ついでに言うと、無防備にもちょっと上向きに口を開けて寝ていたのがイイ!
明日以降は今日の電車に乗らないだろうから、最初で最後の出会いだな。

また会えたら良いな。

マツコデラックスはもういい。

バルス!

・・・

気づいたら12時すぎちゃったので、もう寝る。
オヤッシュ

2010/06/13

ケコーン

土曜は仕事終わりに高校の友人の結婚式の2次会に出席。

2次会18:00開始にも関わらず、しごとの終わりが18:15って・・・
この時点で遅刻は確定じゃないか。
いろいろあったけど、7字前には仕事を切り上げて麻布を出発。遅れていは居るけど、我ながらスピーディーな仕事のクロージングだったと思います。
30分くらいで到着予定だから、19:30には到着かと思いきや、有楽町線飯田橋で人身事故発生!!

うおー!!!東池袋に行けないー

なんてタイミングの悪さ。
このただでさえ遅れているのに、更なる時間ロス・・・
で、新しいルートを検索検索・・・
最短のルートをたどって、ほぼ検索通り移動はできた。
さすが定時性には定評のある日本の鉄道。ありがたや、ありがたや。
でも結局ついたら19:50くらいで、二次会会場についたら新郎新婦は退場してたってゆーね!!
ぜんぜん間に合ってねーよ!!

でも、ちょっと話はできたし、3次会もあったしで、まー結果良かったんじゃないでしょうか。
高校の友人ともあえたし。

結婚しそうな人が多すぎてビックリしたけど。。。
やっぱり27ってゆー歳はそんな時期なんだなとシミジミ感じてしまったよ。
結婚に至るには計画性が重要だってのもあるし、
同じ27歳ながら結婚をまじめに考えているなんて、パッパラパーな僕とは違うな〜と思う。
みんなには将来が見えているんだな〜
いいなあ〜
僕も将来が見たいな〜

んーーーーー!!
見えた!!!
しばらくはこのままだ(と思う)!!!

結婚した人ってのは、いつ、誰を見ても幸せが溢れ出ていて、
その幸せが僕には痛いです・・・
衝撃的な出会いに期待。

出張2/3終了

6月2週が終了。
出張も2/3が終了。

大量の顧客データを処理して、それの管理をして、進捗状況を日々報告してとか、やっていることは単純で、処理する仕組みも単純なのだけれど、量が多すぎると消化不良、機能不全が起こる。
そして大量の派遣社員さんをさばくのも難しく、一人ひとり個性があるというか、特殊というか、着眼点が違うというか、いろいろな質問が飛んできて、それに応えなければならず、通常業務時間に自分の仕事はできず、当たり前のように超過勤務状態に・・・
これは悪しき状況。
事前の段取りの完成度が低いのが問題な訳で、手順の修正・・・修正・・・の日々ってのが良くないなー
段取り8分、ですね。反省反省。
先週後半にようやく慣れてきた感じで、最後の週はうまく回ることを祈るのみですな。

でも、4月5月のややぬるい環境から脱出して、週休1日の日々デフォルト12時間労働とかできるようになったし、9地に仕事終わっても飲みに行っちゃったり、貴重な週末をオールで遊んじゃったり、かなりアクティブになったので良し。
なにより、貨物システムが理解できたのが今回の収穫。
決済方法から運賃の設定から作業店の契約など全体を見ることができるようになったのは、良い経験としておこう。
次の部署異動では情報システムを書いておこう。

ということで、明日からも頑張りたいです。

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ad


twitter

無料ブログはココログ