« 火曜日の達人たち | トップページ | 商品情報と買い物 »

2010/05/13

光の道

ソフトバンクの孫さんと、ジャーナリスト佐々木俊尚さんが「光の道」と題して対談していたのをustで拝見。
20:00〜
孫さんのすべての人に光の回線を〜と言ったプレゼンを聞き、そのあと佐々木さんの光よりもまずはプラットフォーム、コンテンツだ!というプレゼンを拝聴。
孫さんの将来ビジョンは理解できる。
そして佐々木さんの道具があってもそれを使う意味を見つけられなければ、道具を用意しても意味はない(ヒデヲの解釈)という話も理解できる。
で、ちょっと飽きてきて、今は21:30ですが、
ここまで見た感想。
論点はすべての人が光接続の必要はあるのか、それは可能なのかということだと思うけれど、それについて、結局のところ金は誰が出すんだ?っていうところが最大の注目点になるのがあまり面白くない。
最終的に金の問題になるのは仕方ないと思うけれど、やっぱり光があるとどんなに素晴らしいか、コンテンツが充実するとどんなに面白いか、という話だと個人的には面白いなあ、と思う。

先立つものは金ってのは、いつの時代も変わらないんだろうな。

あー、ちなみに僕はみんなが光に触れる必要はない派です。

なぜならば、ネット接続のスピードは確かに光が良いけれど、体感速度がそれほど変わるのか?と思う点と、金の問題と、もう一つ(速さという点では)重要だと思うのが、ブラウザの立ち上がり。

やはりね、重いブラウザってのは、光の速さをもってしても立ち上げに時間がかかるのでね、ブラウザの軽さが重要だと思うんですよ。ネットを使うときに出鼻をくじかれないということでね。オペラとかファイヤーフォックスとかクロームは早くていいよね。そんなわけで、IE使ってるうちの会社は終わってるってゆーね。

てか、アプリケーションが超絶サクサク動くPCが一番重要だな。

あとは、家での環境より、街中に無線がビュンビュン飛び交うような、電磁波を常に浴びているような、出先でのネットワーク接続が担保されるようなのが良いな〜と思うのです。

佐々木さんのプレゼンによる、コンテナ、コンベア、コンテンツの歴史的な話と流通革命の話が勉強になった。
そしてプレゼン中にメモを取る孫さんを見て、経営者でもメモを取る人、勉強熱心だなと思った。

そろそろ飽きてきたから、寝るか。

« 火曜日の達人たち | トップページ | 商品情報と買い物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22678/34679738

この記事へのトラックバック一覧です: 光の道:

« 火曜日の達人たち | トップページ | 商品情報と買い物 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ad


twitter

無料ブログはココログ