« 演説 | トップページ | 高尾山 »

2010/04/11

4月の晴れの日

昨年度にもまして、土日の使い方が重要だと気づいた、最近。

同期と今年最後の花見に行ってきた。
まだ桜は少し残っているけれど、葉が出てきているし、強い風が吹くと、桶屋が儲かるのと一緒に散ってゆく桜は物悲しい。
これは「明日は出勤」という日曜のアンニュイ感と、一緒にいるのが同期で、みんながそう思っているために取り巻いている負のパワーの結束と、昼から飲んだくれている己の恥ずかしさから来ているのか・・・
散る桜は物悲しいっていうことにしておきたい。

「綺麗過ぎる○○」ってことで議員さんとか海女さんがフューチャーされていて、その中で、美人書道家(涼風花)もフューチャーされている。
確かに綺麗だし、書道だから和の佇まいがあるのは当然で、評価は比較的高かかったんですが、どうやら↓らしいことが判明。

これ(http://ameblo.jp/memechan1012/)と
これ(http://ameblo.jp/ryo-official/)が
同じ人だと思うと、なんだか女性って怖いなと思ってしまう。

だからといって、僕の評価が落ちたわけではないんだけど。

« 演説 | トップページ | 高尾山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月の晴れの日:

« 演説 | トップページ | 高尾山 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ad


無料ブログはココログ