« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010/02/28

かぶにまつわる謎ばかり

第一生命が4月に相互会社から株式会社になるんだけれど、これによって個人株主が増えるらしい。今まで第一生命に保険料を払っていた人が株主になったり、現金もらったりするのかな?
去年から第一生命関係者に比較的頻繁に会ってたし、商品も購入していたので僕も株主関係者になるのかと思いきや、第一生命関係年月が足りないらしく、株主にはなれませんでした。残念!

日本で初めての保険会社の株式会社らしく、これから海外に目を向けて〜とか報道されているけれど、郵政民営化でかんぽ生命が株式会社化したってのは、これって第一生命より早いんじゃあないの?って思ったんだけど、どうなんでしょう。
株式会社化ってことではなくて、東証上場株式会社化ってことなのかな?
細かいところはよく分かりませんが。

これでにわかに株式市場が活性化するのでしょうか?
我が社の株はどうなるのでしょうか…

そう言えば、
とうとう給与から自社株買いができなくなりました。
今まで買った株はどうなってしまったのでしょうか?

でも配当はついていて、3000円くらいでした。
ワーイ!

では、バーイ!

2010/02/27

推理

チリの地震がすごいらしい。
僕はツイッターで知ったけれど、新聞はともかく、ネットのニュースよりも早く伝わるって、ツイッターはすごいなーと思った。でも、すでに飽きてきたのも事実。

とあるカフェに入ってギャル2人のテーブルの横に座ってみたら、何やら勉強をしていて、「見た目とは違ってまじめなんだなー」とか思ってしばらく自分の作業をしていると、どうやら生物系の勉強をしているような会話が聞こえてきた。内蔵とか脳幹がどうとかそういう系の会話が。
高校生かと思っていたら大学生らしくて、そこですでに驚いたのに、さらに聞き耳を立ててみるとどうやら解剖があるとかないとか言っている。

ん〜?
生物系も解剖がありそうだけど、内蔵がどうとか脳幹がどうとかやるのか?

ここで突然、シャーロック・ホームズを最近読んでいるという先輩社員を思い出したので、この2人について、おもむろに推理してみました。

最寄り駅は電車の乗り継ぎに便利な場所ではないから、カフェあたりで待ち合わせしたとすれば、この辺りになにか目的の地があったのでは?
これから大学の友人とどこかに行くような予定がありながら、友達と勉強しているくらいだから、今居るカフェの近くの大学なんじゃあなかろうか、とか。

結局、これしか分かりませんでした…
これは推理とは言えない〜〜

で、結論。
これは医学部じゃなかろうかと。
場所的にも、東大と日本医科大の近くだったので、きっとそうだと。
うん、そうだ。間違いない。

ギャル(推定)医学生も居るんですね〜
いやー、人は見かけによらないな〜

2010/02/24

頭を使う

「これだ!」っていう答えが無くて、でも何か答えを出さないと行けない、解決策、提案を考える必要がある日々が続いています。
そんな中で読んだ本。

低IQ集団から如何に脱出するかということで、何よりも考えることが重要だと主張している本。大前研一。ちなみにカツマーと同じく元マッキンゼー。
これからの将来に生きる人として、IT、英語、ファイナンスの知識は最低限必要で、これが無いと生きて行けないらしい(国際社会で)
ここら辺は確かに。。。と思ってしまう。最近、アジア圏の人が日本にたくさん来ているような気がするけれど、みんな日本語うまいし、当然英語を話せる人もほとんど。この人たちは比較的裕福で教育環境も整っているのかなと思うけれど、それにしても意欲があるから覚えるのかなと。
こういう人って日本に来てる留学生とか、日本以外でも留学している人が居て、将来これらの人が自国に帰って頑張るのかなと思うと、あまり海外留学をしていない日本人とか、英語の苦手意識を捨てきれないとか、国内だけで完結しようと頑張る日本の将来は暗いなと思った。
あー、海外行きテー(と思った)

「やり方よりもあり方を考える」
これはこの本とは特に関連はないですが、手段を目的化しないために忘れてはいけない。
今、会社で求められていることを始め、まずは将来どういう存在でいるのか、何をして飯を食っていくのか(あり方)を考えることが必要で、そこが決まれば、どういう手法、手段でそこに行くのか適切な「やり方」を考えて取れば良いだけかと。

なんか偉そうな人の本を読むと得る物があって勉強になります。別に偉そうでなくても良いけど。
ネットで検索してもあまり出てきそうも無い情報があったり。ネットがいくら無料(厳密には通信料を払っているけれど)でも、それなりの情報であったり、情報ソースの不明確なものだったりして、有益な情報を得るにはその対価を払わないといけないのかなと最近思い始めました。

ちなみに紹介した本は、読んだ方が良いと思います。

2010/02/23

問題点が収束してきたことについて

最近、仕事が面白くない訳ではないけれど、だんだん飽きてきた。特に、支店に戻ってきてからの毎日の報告が面倒くさい。報告を初めて3週間くらい経ってきているのかな。
フォーマットはあらかじめ決められていて、そこを埋めていけば良いのだけれど、毎日行くところは違っても、基本的に新しく得ることってのがあまりない。だからこれと言って書くことが無い。
でも毎日問題点というか新しい発見と言うかを求められ、その改善点も求められ。

問題ってのは毎日ある訳だけれど、本質的に問題なのは一つ二つくらいなんじゃあ無いだろうか。
そこが改善されれば他の部分も大体うまく回っていくのではないだろうか。

問題は多々あるけれど、見えている問題は現象に過ぎなくて、その現象が起こる元のところを解決しないと話にならないってことなわけで。

話は変わりまして、昨日は高校の友人と会って、いろいろ話したのだけれど、話をすると毎度毎度、ちょっとやる気がでる。僕はすぐに士気が下がってしまうので、僕のやる気を呼び起こしてくれる優れた人材。
ありがたや、ありがたや。
きっとこれからもお世話になりそうだ。。。
つーか、セルフ(メンタル)マネジメントできないわけね、僕は。
そしてよく考えたら、サクッとコーヒーをおごってもらってしまったので(金を払う意思を見せなかった。。。)、次回はおごり返さなくては。

明日も頑張りたい。

ついつたー

営業中に同じ営業部内の先輩のツイッターを見ている。

かなりの頻度でつぶやいていることが判明。

しかも場所も特定できる。

一体、なにをやってるんだw

外回りの営業なんてこんなもんかな〜

2010/02/19

とりとめも無いこと

あと2週間後には今の営業を離れることになって、あと5週間後には確実に別の部門で働いているんだなーと、一緒に外回りをしていた先輩社員としみじみと感じてしまった。
ついでに今所属している組織は4月には解散になり、新しく組織改編されるということもあって、今同じフロアというか同じ部屋で仕事をしている人はみんなバラバラになってしまうと。

4月の異動で新しく行くビルディングには病んでいる人が結構多いらしい。
病欠とか休職とか。
とにかく体には気を付けて働けたら良いかなと。

追加。
なんかうちを利用しながらものすごく儲かるというか、需要のあるビジネスになりそうなことを思いついた。というか見つけた。最終的にうちに買収してもらえば良い。
でも悲しいくらい技術が無い(と思う)。
もうちょっと踏み込んでみようと思った。

2010/02/18

共通認識

営業をやっていて多くの企業に顔を出していると、今利用してもらっている商品やサービスや物流(一部ロジスティクス)の発送手続きやシステムが使いづらいという苦情や相談が多い。
で、こちらとしてもなんとか改善していこうと頑張っているわけで、そういう苦情は大切にとよく話の内容を聞くようにしているのだけれど、具体的な問題点を出す前によくある一言が「かたいよね〜」なわけです。

元公務員なのでそういうことを言われるだろうとは思っているけれど、その「公務員=かたい」っていう共通認識は一体何なんだと。こっちとしては「だからその『かたい』ってのは具体的に何なんだよ?」と聞いているのですよ。
で、こちらも人によっては「そうなんですよ〜、すみませ〜ん」で終わってしまうので、具体的に何が問題なのかまったく分からないという状態にごくたまーに陥る。「かたい」っていう言葉が先走りして、その共通認識の中身がわからん。

他の会社は担当者が柔軟に判断して対応してくれる一方で、うちは基本的にトップダウンだからその場で回答できないとか上司判断になるのが普通。これが「かたい」ってことだと思うけれど、言い方を変えると「ガバナンスが効いている」とも言えるのかなと。
客の要望に応えることは重要だけれど、企業体として利益がでない部分とかコストがかかる部分にタッチしないのは当然で、しかもビジネスである以上、個人間の契約ではないから簡単に回答できるわけもなく(責任は個人ではなく企業がとるので)、こんなことを考えるに至ってしまう訳です。
ついでに言うと、同業他社はそんなに柔らかいのかい?って聞きたくもなる。

ともあれ、なんとか変わっていかなければと思うので、「かたいのは重々承知していますが、具体的にはどこら辺が…」って感じに下手にでて頑張るしか無いという日々です。

2010/02/17

暇ついでに思ったこと

サムライってなんなんすかね。
スノーボードの国母選手のマウスピースとか、佐藤かしわの事務所の名前とか、サムライJAPANとかサムライブルーとか、いろんなところで目にするし耳にするけど、これが今の時代において結構な頻度で使われるのは、なぜなんでしょう。

草食系男子とかでナヨッてる男が多いとか言われていて、その反対に位置するちょっと勇ましい系の男がサムライになっていて、なんとなく「男」って感じがするのかなーとか思うけれど。

サムライってつまりはお役人で、主従関係があって、体術?剣術?的には強い一方で、基本的に命令で動く。
腕っ節は強いけれど、精神的には草食系な感じがちょっとします。
あれ?でも、修行とか鍛錬をしているという意味では精神的にも強いのかな。
まーどうでもいいわ。
ちょっとニュースを見ていて思ったことです。

こんなことを書きながら、ラジオを聞いていて、
TBSラジオの「アクセス」でツイッターは良いか悪いかについて電話で議論みたいのをやっていたけど、そこに出ていた素人・岡君のフォローがものすごいことに。
フォローがものすごいのびる瞬間、フィーバーというか炎上というか、そんな状態を初めてリアルタイムでみた。
これは面白い。

ツイッターは対面コミュニケーション能力が低下するとか、個人情報がとか誹謗中傷があるとか「良ろしくない」という意見もあるけれど、そんなものはどうでもよくて、単に遊びのツールでしかないんだから、そもそも議論するなんてナンセンスで、面白いと思う人が使って面白くないと思う人は使わなければ良いだけの話でしかないと思うわけです。

とにかく、岡君、お疲れ、ってことです。

2010/02/15

不調

頭痛い。
昨日のよるから右目の奥が痛くなって、朝起きたら頭が痛くなってて、今に至る。
PCを見続けたのが原因だろうか。
最近寒いのが原因だろうか。

よくわからないので、今日は寝る。
明日は飲み会ってのが厳しい。

2010/02/14

文化庁メディア芸術祭

なるべく毎日更新するように心掛けることにしました。
特に何かきっかけとかは無いけれど。

特筆すべきことが無いのだけれど、土曜に行ってきた国立新美術館の文化庁メディア芸術祭のことでも書こうかと。

行って一番驚いたのが研究室の先輩ドクターが居たということ。3時間くらい話をして展示以上に面白い話(?)というか近況を聞いた(もちろん展示も素晴らしかったけれど)。
みんな無事に生活しているようで良かった良かった。そして「とある調子に乗ったドクター」は今でも健在のようで良かった良かった(のか?)
研究室のこととか、うちの会社のこととか社会のこととかいろいろ話したけれど、「とあるドクター(牛)」の話が面白い。

研究室の勇者2名が、カラオケに行った「とあるドクター(牛)」の隙をついて、外付けHDからエロ(アニメ)画像を消した話を聞いたときはトリハダがたった。そして死ぬほど笑えた。
そして消した後、「とあるドクター(牛)」からの申し出は今のところ特にないと。

そらそーだ。
「誰だ!オレのエロ(アニメ)画像を消したのは!」
なんて言える訳が無い。

ドクターなのに研究室で何をやっているのかと。てか、大学に何を持ってきているのかと。
そこそこ名のある大学のドクターがこの程度とは、これは科学技術とか研究活動に関して事業仕分けされても仕方ないな〜とか思った。
エロ画像を集める労力は自己負担だったわけだけど…

つーか、タイトルと内容がまったく合ってないけど、良いか。

2010/02/13

カツマー

アムラー(安室奈美恵)から始まり、シノラー(篠原ともえ)を通過し、今はカツマー(勝間和代)らしい。
そういえば、本屋でよく平積みされている、元マッキンゼーの人。
メディアによく取り上げられていたり、本屋で見て知ってはいたけれど、特に興味もないから接点はなかったけれど、一冊本を読んでみることに。
「効率が10倍アップする新・知的生産術」
読んでみての感想。
他の本がどういう感じなのかは分からないけれど、本のタイトルと書いてある内容はかなりマッチしていると思います。「効率10倍」を目指そうと思ったときに実行するべきことが延々と書かれています。ちなみに書いてあることは、端的に言うと「時間を効率よく使え」「頭を使え」とすごく当たり前のこと。
で、書いてあることを実行すると本当に効率がアップするのかということですが、今まで特に何も考えずにやってきた人は少し意識するだけで効率はアップすると思います。今まで頑張ってきた人で効率的にしようと思う人は、死ぬと思います。
本に書いてある内容を毎日実行できる程、人間って頑張れないと思う。かなり意識が高い人でないと無理かな、と。僕だったら「実行しないと死刑」って言われないと頑張れないレベルだと思う。たまには息抜きしたいし、「2chまとめサイト」も読みたいわけだよ。
ここまで頑張る必要はないんじゃない?とも思うし。
でも半分くらい頑張っても良いかな〜って感じです。
買って読む必要も無いと思うので、古本屋で良いかと。あと立ち読みでサラッと。

2010/02/12

日々の疑問

労働組合って何をやっているのか本当に気になる。

各種業界に多々あるのだけれど、具体的な日常活動として一体何をやっているのか。
今日もちょっとお邪魔してみたけれど、行ってみたら3人がソファーに座って話していただけ。その前に訪問したときも(僕は行ってないけれど)、ドリップコーヒーをいちいち用意してくれて、小1時間くらい話につきあわされたとか。何らかの仕事をしているようにも見えないし…

それでいて今まで出会った労組関係者はかなりの修羅場を乗り越えてきた顔をしている。企業と戦ってきた(?)ほどのことはあるような、無いような。(多分無い)

こんな感じで、特に何かを生産しているとか、難しい事務仕事的なことをこなしているとか、そういう風には見えないのだけれど、確実に給料は貰っているわけで。この給料がどこから捻出されているのか、ということも気になるところ。

この現状を見ると、それほど働かずして金がもらえる、なんて素晴らしい職場なのか!と思わざるを得ない。こんな場所があるのなら、今すぐ喜んで入る。

今の会社にも当然労働組合があって、入社してすぐに勧誘的な説明があったんだけれど、結論から言うと結局入らなかった。
というのも、入ることが昇進の足かせになってしまう可能性があったので(企業と戦う存在と考えていたので)。そうかといって、入った方が昇進できるかもしれないという部分は未確認なんだけれど。ついでに言うと、そんなに昇進を目指している訳でもない。
なんだかんだで将来は管理側っていうのが分かっているので、入らないのだけど。

こんな感じだと、それほど接点も無く生活していくのかなとも思う。
別にそれで良いんだけど、何をやっているのかくらいは知りたいところ。

2010/02/11

建国

建国記念ということで、ブログのスタイルも変えてみました。記事が左のその他アイテムが右2列。飽きないまではこれでいきまする。

今日はやりたいことがたくさんあったけど、寒いのと、明日働けばまた休みなので土日まわしということで。
文化庁メディア芸術祭が新美術館でやっているので、行ってきます。
前に時をかける少女とかマインドゲームの映画を見まくった記憶があるけれど、ホームページを見る限り今回はなさそうな感じで。

あー、早く土日にならないかなー

2010/02/09

ドラッカー

久しぶりの更新
今月はいろいろあって、これまでになくストイックに仕事に打ち込みたいと心しているわけです。
情報やら知識を吸収すべく、本を読んだりネットをうろついたり。
基本的にはネットワーク上をふらふらしているんだけどねー
さーふぁーとして。

これはいつもと変わらないか。

加えて、偉い人からそうでない人(ただし僕よりは偉い)と会う機会が急激に増加している。毎日3人くらい知人やら知り合いが増えているような。。。
今後、会うことはなさそうな人が多いけれど。

で、そんななかで初めてあったにも関わらず、いろいろ話してくれて、ついでに本まで紹介して貸してくれた人が居て、その人から借りた本を読んでみた訳です。

これはなかなか興味深い。
設定に無理はあるけれど、サクッと読めるし、なんとなく言いたいことは分かる。ただ、これがそのまますぐ使えるわけではない。

もっと詳しく知りたいという欲にかられると、原本を読むのが一番良いのだけど、1400ページもあって無理なので、こっちがいい。

少なくとも4月までには読みたいな〜
読めなさそうだけど。
てか、異動先、早く決まって欲しいな〜

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ad


twitter

無料ブログはココログ