« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/28

毎年のことのように思う。

「もう12月か…」と。
この調子で来年も過ぎていくのかな?と。
これはあっという間に歳を取りそうだ。

今年、やり残したことを、後一ヶ月で清算(生産)しないとね。

働き始めて特筆すべき面白い出来事はなくなってしまった。
だからと言って大学時代が死ぬほど面白かったか、というのは記憶を辿らないといけないので、思い出すのが面倒。
そういえば、うっしーは面白かったけど。
あ。
今ひらめいたけど「憂鬱(ゆううつ)」という字から一文字もらって
「鬱っしー」というのはどうか。
なかなかなネーミングだと思うんだけど。
うーん。大学時代に気づいていれば良かったなぁ〜

で、何を書きたかったのかというと、
かなり前にも書いたと思うけれど、
面白いネタも無くなってきたので、
ここで新たにブログテーマを設定しなおそうと。

で、せっかく働きだしたので(物流で)
そこら辺にまつわるお得情報というか便利機能というか
こんな感じで物は動いてます的な
この業務に携わる人はこんなことつぶやいてます(twitter)的な
ことを
コンプライアンスに触れない程度に
出していこうかと。

気がむいたらです。
変わらないかも。

2009/11/24

キター

ちょっと前に書いたプラズマクラスターを
とうとう買ってしまった。
なんだかんだあって結局、amazonで。

sagawaが勿体ぶって
配達時間遅れて持ってくるから
まるで恋人を待つ人のように
ムラムラ?もやもや?
表現がわからないけどドキドキ?
してしまった。ムダに。

んで、到着。

加湿機能がついてるからタンクに水を入れて、
ぽちっとスイッチを押してみます。


(・∀・)イイ!!


出てくる温風に手を当ててみると
ほのかに潤う。
部屋の広さと若干マッチしていないので
暖まるにはちょっと時間がかかるけど。

で、寝て起きたらまたまたびっくり。

なんと喉が痛くないじゃないですか。
今まで寝て起きると喉が結構痛かったのに
加湿機能のおかげなのか、
喉が調子良い。

∩(´∀`∩) ワッショーイ ワッショーイ (∩´∀`)∩

これで冬が来ても大丈夫そうです。

2009/11/23

ばぶりー

金曜日、8:00くらいに仕事が終わって
そこから飲み会。

一次会で、初めてひれ酒?という名前の酒を飲んだ。
日本酒の熱燗の中にふぐのひれが入っていて
飲む前に火をつける?のかな?
なんかよくわからないけど、まずくはない。

で11:00過ぎくらい。
2次会というかカラオケへ。

で、1:30。
終電なくなった。
財布の中にも2000円くらいしか無いし。
最後まで残った40代と我々は、始発まで飲むということに(なぜか)決まり、
そして(なぜか)銀座で飲むことに。

人生初めて銀座で飲む(ような気がする)
2000円で。
入った店はチャージだけで数千円なんですけど。
深夜料金、1割増しなんですけど。
でも生演奏があるとこで面白かった。
ちょっと曲が古すぎてわからないけど。
そこに居る人々は、なかなかお金持ってそうでした。
年配の人が多いのかと思われる。
生演奏に合わせてみんな踊ったりしていて、
日本は元気だな、不景気じゃないなって思った。
そんな場所に居る自分に違和感を感じたけど。

で、店を出て始発まで時間があって
なんと
銀座からタクシーで帰ることに。

…お金借りた。

9000円だった。

うおーーーー

2009/11/19

白もの家電

最近、というか今日。
今までで一番部屋が寒いんじゃなかろうか?
というくらい寒い。
むしろ冷たい。

さすがに何か暖を取れるものが欲しくなってきた。
火鉢とか七輪とか実際に火があるのが良いかな
とか思うけど、
間違えると自殺してしまいそうなので却下。

そこで、いろいろ吟味した結果、
シャープのプラズマクラスターという
スーパーサイエンティフィック物質を発生?させる装置付きのヒーターを買おうと思う。

マイナスイオンとか意味がよくわからない化学物質があったり、そんな物質を家庭の電力で機械的に発生させることができるなんて、実際たいした物質じゃないんじゃないか?とかそもそもそんな物質がないとか思ったり、実験装置が家の中にあるような感じがするけど、個人的にシャープは嫌いじゃないのでちょっと期待。

しかも名前がプラズマクラスター
なんだろう?
荷電粒子のかたまり?違うか?
よくわからないけど、近未来を感じさせる響き。
弱理系男子の好奇心をつつくネーミングと言うか、
さすが目のつけどころがシャープなだけある。

そして、このプラズマクラスターなる物質は、
プラズマクラスターで空気中のいろいろな物を包み込み、
細菌?バクテリア?的な何かを排除してくれるとかくれないとか、
さらには、お部屋のあんなニオイやこんなニオイを緩和してくれるとかしてくれないとか。
ついでに加湿機能搭載。
花粉症とかハウスダストとかアレルギーが多い僕にとっては、効果はどれほどか不明だけれど、夢がつまった機械と言える。

ちょっとお値段は高めではあるけど。

3連休中には買いたいなー
給料日、ボーナスも近いし。

2009/11/14

ついてない

昨日、
歩いていたら
変なアンケートに引っかかった。
でも面白そうだから答えてみたら
夜に電話がかかってきて
一時間もバカな話につきあわされて
とてもうんざりした。

あー、
こんなバカなやつに
出会ってしまうなんて
なんてついていないのか。

2009/11/11

今週のこり

あと2日で休みだけど
明日の午前は今日残った仕事をやらねばならず、
午後は、ちょっとした指導を受けねばならず、
金曜のちょっとした営業の準備をする必要がある。

金曜は、午前の予定は不明ながら
午後は営業ということで2つくらい行くところがあって
そのまま帰っちゃおうかな…
と画策中。

あ、帰れねぇな。
代金を会社にもって帰らねば。

一番嫌なのは、その日が雨だってことなんだけど
うちの商品は濡れたら使い物にならないので
慎重に運びたいと思います。

2009/11/10

チノパン、あやパン、ショーパン、かとぱん

ときて、今僕はノーパンです。
別にここで披露することでもないのだけど。
別に今から外に出ようとか思ってもいない。

風呂からあがって着替えようとしたら
newパンツを用意するのを忘れてしまったので
そのままダイレクトにジャージをはいてしまった。

一度はいたパンツにもう一回足を通す感じよりは
パンツが無い感じの方が良い。

ちょっとした事故ってやつ。

2009/11/09

みんなが忘れている昔の言葉

ぶっとび〜

by宮沢りえ

2009/11/08

二次会のこと

いまいち結婚式の二次会の雰囲気ってのがつかめない。

今年出席した大学の先輩の二次会は思ったより行儀がよく、
司会進行に任せて厳かに進む、
恐らくスタンダードと思われるもの。
まー、会社の上司も呼んでいたようなので
仕方ないと言うか、当然の雰囲気とも言えるのだけど。

そして今回の二次会。
新郎新婦が高校の同じクラスということで、
そこに居たのは見たことある人たちばかり。
しかも中学の友人も呼んでいるのだけど、
新郎と同中同クラスの僕に取っては
中学の奴らも知った顔ばかり。

そして、この同中の男どもが危ない。
すげー騒ぐし、司会に文句言うし
ちょっとしたゲーム・景品にも文句言うし・・・
言葉の表現力を超えた下品な集まり。
司会は同中だから、そういう奴らだと知っているし
軽くいなしているけど、
新婦の友人は高校の友達で、
そういう人に免疫がなさそうなおとなしい女の子たちで
そんな人たちが混ざり合っている空間。

「いまいち盛り上がらねーな」
とか言いながら、おもむろにち○こ出そうとするやつとか、
とり肌がたった。

で、いろいろ話をしたのだけど
結婚式の二次会は騒ぐのが当たり前だ!と。

そーなの?
騒ぐのがスタンダードなの?

披露宴とかに比べたらくだけても良いのかなと思うけれど
一体どこまで行ってよいのやら。

新婦にとって恐らく初めての対面かと思われる
新郎と同中の男友達。
新郎の新たな一面を見てしまったのかな?
若干引いてた感じもするけど
まーめでたいから良いのかなと。

もうちょっと二次会についても経験が必要なようです。

2009/11/07

1107

今から実家に帰って
友人の結婚式の二次会に行ってきたいと思います。

今年はけっこう当たり年のような気がします。
周りで結婚する人が増えてきている。

同期にも一人居るし、
婚約レベルなら数人いるし、
そういうお年頃なのかな〜

2009/11/05

雑感

最近は特にこれといって面白いことも無く、単調な生活を送っていると思う。
支店での仕事はいろいろあるんだけれど。

で、ちょっとした心境の変化。
どの企業でもそうだけど、従業員の
賃金や超勤の計算をする必要があって
それを担当する人がもちろん居て、
その計算というか、
誰がどれくらい働いて給料はいくらなのか
ってやつの監査というか確認をしたのだけど
これはなかなか考えさせられたわけです。

主にアルバイトの人の賃金超勤を確認したのだけど
これは…と。

僕より支店で働いている期間が長いのは当然だけど、
自分の担務をもっていて、その仕事を(恐らく)不満も言わずこなしていて、
その担当については、僕より働けるのだろうけど
貰っている賃金は僕より少ないわけです。
しかも正社員でないから保証が薄い。

まぁ、イザってときの責任の重さを考えたら
正社員の方が厳しいのかもしれないけど、だからといって
軽い感じで働ける訳でもあるまいし。

で、こういう人たちをなんとか雇用していかなければいけないんだなーという、よく言えば親のような感情、悪く言えば上から目線な感情をいだいたわけです。
利益を出さないといけないけれど、だからといって、コスト面では簡単に賃金を下げられないとか、簡単に人の首を切れないとか。
その人にも生活がある訳だし、そういう所までいってしまうと、いろいろ考えることが多い。

こんなこと考えてると、
自分で言うのもなんですが、優しくなったと思う。
丸くなってしまったっと言うか。
これが社会人になるってことかな?

でも、つまらない人間になったとも思う。

・・・
・・・・・・

とか、昨日思って優しい人間を生きていたけど、
よくよく考えてみたら
確かに仕事の熟練度とか雇用期間とかいろいろあるけど
仕事の内容に見合った然るべき賃金だな
って結論に達した。
だから、これは現状でとりあえず良し、と。
人の生活もあるけど、そんなの知ったこっちゃない。
他にも働く場所がたくさんあるでしょ?
(働けるかどうかは別として。)
うちの会社の前身からして、なるべく多くの人を雇って、ある程度の生活を保障するってのも社会的な責任かもしれないけど、うちの会社がそれを率先してやる必要はもはや無いだろうし。
働きたいと思っても会社の求める人材に合わなかったとしたら、それまで何も努力をしてこなかった自分を恨んでくれ、ということで良いでしょうか?

んー、全然優しくなってないな、こりゃ。
引導を渡すという意味では、優しさかもしれないけど。

こんなこと口に出したら敵をたくさん作りそうなので、
心の中にしまっておこうと思う。
本音と建前ってやつですか?

あー、簡単に感情を現さないのが、社会人ってやつですよね。

なんだかんだ書いたけれど、
これを書いたからといってどうこうなるわけでもないし
世界もいつもと同じようにグルグル回るので、
人のことを気にしすぎてあれこれ考えすぎてしまうのも
どうかということです。

なんか時間と電気を無駄に使ってしまった気がする。

2009/11/01

スラムドックミリオネア

というアカデミー賞をとった(と記憶している)映画のDVDが出たので、
借りてきたのを観た。

知っている人も多いと思いますが、
スラムで育った少年がミリオネアに出場して
最後まで行くのだけど、
なぜ最後まで行けたのか
というか、問題の答がなぜ分かったのかというと
彼のそれまでの生活の中に答えがあったという話。

このあらすじを知っていたので、最初の数分を観て
「ああ、だいたい一問ずつで回想シーンに行くのね」
という流れが分かって
しかも最後まで正解し続けるのも分かっている訳で
なんかあまり観る気がなくなってしまって
スラムダンク読みながらチラチラ観賞してしまった。

最後はどんでんがえしという噂も聞いていたので
最後の方はしっかり観ようと思って睨みつけてみていたけど
結局、どんでん返しはなかった(と思うのは僕だけ?)

でも、最後、
「ぁあ??」
と思うところがあって、そこはどこかというと、
終わった直後になぜか全員集合で駅のホームで踊っていた所。
思わず前のめりになって、椅子からちょっとケツが浮いた。
なにこれ?
死ぬほど笑えた。
これがインドクヲリティなのかどうかは分からないけど
とにかく予想外でした。

で、結局この映画のテーマってのが不明。
人には運命があるってことなのか?
それとも人生の経験は大金に匹敵するもの
だということなのか?
ヤフーとかの映画のあらすじ、講評だったり
個人ブログを観ると、とても賞賛されているのだけど
イマイチ僕にはピンと来ない。

まー、見たい人は観たら?
って感じで、特にオススメはしませんよ、っと。

スラムダンクの山王戦の方が僕は好きです。

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ad


twitter

無料ブログはココログ