« 師走1日目 | トップページ | 一人 »

2008/12/02

いつか自分も

というわけで、映画を見てきた。
おくりびと

納棺師?士?の映画です。
本木さんの、そして広末さんの。
広末涼子のかわいさに萌えた。
あんなにかわいかったか?

内容はというと
オーケストラを辞めることになった男が
実家、山形に戻り、
職探しで偶然、納棺師となり、天職となり、
周りから拒絶反応を受けたり、
でも仕事をしながら、
人生、生きてることは素晴らしいと。
そんな感じ?です。

やはり死は身近にあるもので、
誰かが死んだら、その葬儀を執り行う人が必要となり
それは誰かがやらなくてはいけないのだけど
かと言って、あくまでも死体を取り扱う仕事なわけで
社会的にはあまり好ましくない職業とされているのも事実。
そんな仕事にまじめに取り組む主人公に
映画を見る限り共感してしまうわけだが、
最後のほうに出てきた、
葬儀屋の態度が一般的だろうと思うところもあり
なんだかな~と思うわけです。

まだ見てない人は是非。
これはおススメ。

« 師走1日目 | トップページ | 一人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ここ1,2年の広末はかなりいいな。
子持ちでも「俺が養うぜ!」と言いたくなるくらいw

ちなみに恐らくだけど広末のお腹は、子供を産んだ割にはへこんでいた印象。
でも顔のしわは結構増えてたぜ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22678/25827200

この記事へのトラックバック一覧です: いつか自分も:

« 師走1日目 | トップページ | 一人 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ad


twitter

無料ブログはココログ