« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008/04/27

特になし

暇と言う訳ではないけど
何をすることもできない状態で
本ばかり読んでいたのだけど
と言ってもあまり読んでいないけど
やはり伊坂幸太郎は秀逸。

ついで、近い将来働くことになるというわけで
経営者の立場というか、良い人材を輩出していると巷で言われているリクルート創業者の本を読んでみたのである。
31yyfolwygl_sl500_aa240_ リクルートのDNA
評価:★☆☆☆☆

全部読んだわけではないけれど、今のところ、ごく普通の内容。起業家の心得とか日本でも優れた経営者の発言とかそこら辺をまとめてある本で、良く聞く起業家としての条件とか企業経営の話と大して変わらない。
起業しようとする人は沢山いて、その中でもリクルート出身の人が中々面白いと言われているわけで、そこにはリクルートで学んだことが後々役に立っているのかもしれないけど、どこの起業家でもやっていそう、考えていそうな内容の本であるかぎり、リクルート出身とその他出身の起業家の違いはこの本からは分からない。
ということで、他の企業家と差別化させる部分は、まだリクルートの企業の中か教育の中かに隠されていて、ズバリその核心についてはリクルートから外には出てきて居ないと思う。その核心が知りたいわけで、それが書いていないこの本は、面白くないと言う結論。

2008/04/24

体の中心が・・・

腹が痛くて、二日間くらい寝る。
そして血液検査の結果を聞きに行く。

昨日、テレビでウッチャンナンチャンが芸能人の
健康状態を検査しているのがあったけど
そこにあった血液検査的な結果を知る機会が
ふいに訪れたー
コレステロール値とかガンマなんちゃらとかも分かった
まぁ健康体だったけど。。
結果としては異常なし。
運動していない割りに健康体でした。
ついでに、腹を切らなくて良くて、助かったわけだ・・・

でも異常はあって、なんとへそから血が出てきたのである。
これにはビックリ。
医者に行ったら、へそをグリグリやられて・・・
しかも看護婦にその姿を見られるという
辱めプレイと言うか・・・何と言うか・・・
すげー痛いのに、へそをグリグリ、冷静に治療する医者
うーむ、流石医者とでも言おうか。
慌てている医者よりは良いな。
こっちは死ぬほど痛いんですけど。

で、飲み薬と塗り薬をもらって帰宅。

あー、僕の腹が治る日はいつのことやら。

2008/04/23

軽い病気。

腹が痛い。
普通にしていると痛くない、動いたりすると痛い。
だから朝起きるのも辛い。
正確には起きられないくらいイタイ。
筋肉が痛いようで、腸が痛いっぽい。
へその近くが痛くて、盲腸だとかそれ系では無いのは
救いか。
でも痛くて、簡単に振り返ることが出来ない。
だから車でバックするのが辛い。

という状況が5日ほど続いて、
流石に危機を感じてしまった・・・

ネットで調べたところ、
「アプレイの法則」というのがあって、
これは腹痛の位置がおへそから離れれば離れるほど、
なにか病気がある可能性が高い
というものらしい。
現状、へその辺りだから危機的な心配は
なさそうである。
ということで、それらしい処置をして寝た、と。
そして症状から判断するに
比較的、小さい子に多い病気らしい、、、
ということが何となく分かった

朝起きて、まぁ痛い
月曜に病院にいって見てもらって
大丈夫だと言われつつも
血液検査をしたんだな
この血液を抜くという作業があまり好きではなく
うえっ
っとなりながら、そんな気持ちを我慢しながら
耐える。

大学の健康診断はどうしたもんか
今行けば確実に内科で引っかかってしまう
これは診断最終日に万難を排して行くしかない。

ついでに、検査結果を聞きに行かなければ。

最近、病気がちになってしまっているけれど
健康って大事。

2008/04/19

将来どうなっているのか

①このまま都市計画を続けていくのが良いのか
②(多少)新しい分野に行くのが良いのか・・・
迷う。
今すぐ決められない
遅くとも来週中には決めなければならないのだが
どちらが正解なのだろうか
この問題が一週間くらい頭の中をグルグルしている・・・

どちらも同じくらい興味がある
しいて言えば都市計画のほうが興味はある。
高校のときから進路として選択し、今まで勉強してきたし
大学院まで進んだ。
将来的に欲しい資格もあるし、それを取るためならば
①に進むことが妥当だと思える。
しかしながら
今まで勉強してきたことが勿体無いと思うこと、
欲しい資格があることが、多少バイアスとしてあるのでは
と思う部分もある。
今さらマッサラな状態になれるわけも無くて、
自分の興味の絶対値を知ることはできないから
これは最後は相対的に選ぶしかないんだろうな。

①で働く場合、現場経験が数年待っているわけで
その間に「もう嫌になっちゃうよ~」ってこともあるカモ。。
将来、開発に携われるかも分からないし、
そういう意味では不透明ではある。
やりたい仕事が出来なかったとき、
本当に心の底から興味を持って仕事をしていけるのか
自分でも分からない。

加えて、今まで都市計画をやりながらだけれど
建築の分野も(一応)勉強してきたつもりで
勉強してきたからには、一級が欲しいわけだけど、
それが将来的にどの程度魅力的に思えるのだろうか。
そこが決め手のような気がする。
でも
たかだか資格のためだとか、今まで勉強してきたから
とかいう視点で職業を選ぶのもナンセンスだと思うようになってきた。
資格は、それほど重要じゃあないってことに気付いたのは大きい。

一級は取るに値する資格なのか。
①に進む限り取れることは社員に確認したわけだが
本当に必要なのかな?
実際、資格が効果を発揮するのは、名刺上の肩書きか
図面を書いた後、印を押すだけだと思うし、
肩書きとして必要なければ、誰か一人もっていれば良くて、
それは別に僕じゃなくても良い訳だ。
個人事務所を作りたいと思ったら必要かもしれないけど
そのときも外から呼んでくれば良いんだよね、持ってる人を。
冷静に考えて、提案はしたいけど線を引くのは面倒で
そういう意味では、巨匠・・・だけど
そんな存在になれないことも、今までの授業やコンペを通じて
自覚したし、
一級持ってる人を呼んで来れれば全てが解決してしまう。
デザインは自分で考えて、地域の工務店に頼む方法もある。

色々諸先輩方の話で「資格はお守りに過ぎない」
ということも聞いたし、そのとき「確かに」と思えたし
自分がやってきたことに対する、ある一定の知識・技術水準の
公的証明なら、必要無いと思えるようになった。

一方で、
現状での経験は少なくても、初めから興味ある部署で
仕事が出来る場所が用意されており、
最初の1年は現場に駆り出されるかもしれないが、
戻って来て興味ある分野で仕事が出来るのは確実、
そして何より本社立地は申し分無しの環境②がある。
唯一の問題点は、都市計画の0.9倍くらいの興味ってこと
このモチベーションでいけるのか?
幸か不幸か、色々興味を持てる年頃というか、性格というかで
なんとかやっていけそうであるのも、
僕を不安定にする要素としてあるが・・・

こっちは元公務員だからな、きっと入社してからは
公務員体質を改善しつつ、民間として利益を上げながら
公共サービスも維持・改善する必要性があって
それを求められているのだろう。
と勝手に思ってます。
そこにどこまで興味を持って貢献できるのか。
今思うと、①にしても、
民間としてどこまで公共分野に肩入れ(?)できるかを
試したい的な感じで進んできたし、関わりたいとも思ってきたし
そこら辺の考え方は、①も②も同じなのかも知れない。

昨日、リクに会って話した感じでは不動産もあるし
施設立地とかもあるし、僕は専門に勉強してきたわけではないけど
授業で見たことあるような内容の業務が揃っていて
0.9倍の魅力だとしても、面白そうな仕事ではあると思った。

長くなったけど、この文章の書き方では
①について何とか否定的な意見を並べて
②については何とか興味を持てる点を探し出しているに過ぎない
気がしてきた。
つまりは、①ではなく②を選択する理由を、自分自身の中から
探しているということか。
ということは、僕は②に行きたいってことで、今は
その理由を探しているのか・・・

働いてみないと何とも言えないな。

つーか、最近の日記は長くて申し訳ないm(_ _)m

2008/04/15

バーロー

コナンを見てから意識し始めたこの言葉を
使って行きたいと思う。

山手線と京浜東北線が死ぬほど遅れた。
山手が動いたと思いきや、山手に人の群れが走りこみ
京浜東北が動いたと思いきや、京浜東北に人の群れが走りこみ
人の塊でグチャグチャ、キュッキュッ
電車に「乗る」というか、完全に人の「輸送」
モノってゆーか肉の塊的に輸送。
それでも悪びれないJR。
さすが殿様商売とでも良いませうか。

そんなこんなで面接に遅刻したわけだが
なんとも無く始まったわけでもある。
さすが、チギン~~~~

修論のAGを今日提出しなければいけないと
午後に気付いて、急がずマイペースで登校。
明日、提出します・・・

そんでもって
ゼミが・・・ゼミが・・・
なくなったーーーーーーーー

バーローww

まぁ別に良いんだけど。
その後、呑み会でなんやかんやで帰宅。
明日は、勉強でもしよーっと。

2008/04/13

やっちまった

いやぁ~焦った。
バスの中で小銭をぶちまけましたわ。
油断した隙にスルリと。
少量で助かったんだけど。

朝から雨が降っていて傘があったし
カバンが邪魔だし
服を汚さないよう気を使うし
まだいろいろ慣れていない部分が多い。

話は変わって
オレンジカードってどう使うかイマイチわからない。
JRで使うのはわかるけどチャージはできないわけだ。
パスモにはできないと薄々感じていたけど
スイカもできないのか・・・
スイカでメトロも乗れるからってことだと思うけど。
結局、切符を買えば良いのだろうけど
いちいち切符買うのも面倒だし。

何か良い使い道はないのだろうか・・・

というね、オレンジカードが現在4000円ほどある。
交通費としてもらったのが。
こいつらは地道に使うしかないか。

この数日で、名探偵コナンの映画を3本も見てしまった・・・

2008/04/12

ちょっと幸福

今期2回目の風邪か。
頭が痛い。
そして腹が・・・死。

この気分が晴れずにウーウー唸っているときに
ピンポーンとか鳴るわけだ、玄関で。
出るわけがねぇ~~~
Japan放送境界だと思って出なかったわけですが
無駄に玄関をドンドン叩くし、何か叫んでるし
出てみると、宅急便のお兄さんが走り去っていく
うしろ姿が見えた。

あーあ、宅急便なら出ればよかったぜ。
不在届けが残されていて、その送り主は大手出版社。
なぜに出版社から?

夜、再配送を頼んで中身を見てみるとDVDでした。
マークジェイコブスとルイヴィトンの
いつ応募したのかも分からないくらい
昔のDVDが今さら(?)届いたのでした。

なかなか興味深そうな感じなので、来週あたり時間を
見つけて観賞したいと思います。

これで応募商品が当ったのは何回目だろう?
よく分からないけど、
忘れてた頃に届くのがお得感があって良い。
まぁ、興味も無くなっている可能性もあるんだけど。

新しい時計が欲しい。

2008/04/09

私、僕、俺、自分とか

言い方は色々あるけども、まぁ「私」なわけよ。
で、どこでやったのか忘れたが、自己分析というものの結果を見つけました。
これはかなり的確に指摘されていて
少々恥ずかしさを感じます。

·  自分の成長や能力アップに熱心で、勉強家。
·  新しいことを始めたり、身に付けることが好き。
·  自分の力を生かして何かに貢献したい。
·  科学技術の進歩に関心が高い。
·  実力を試すチャンスを探している。
·  企業の社会貢献度を重要に考える。
·  企業の社会的存在価値を重視している。
·  より良いモノ作りを求める。
·  社会福祉的なことに関心が高い。
·  社会問題に広く関心がある。
·  仕事は楽しくやりたいと考える。
·  面白いことを優先してやる。
·  楽しんでできる方法を見出そうとする。
·  面白くないことにはやる気がおきない。
·  とにかく遊ぶことが好き。

This is これ!
みたいな結果ですわ。

2008/04/04

マイブーム

最近のお気に入りはバスに乗ること。

就活で駅までバスに乗って行っているわけだが
あの異常な車体の揺れっぷりがたまらない。
時間にルーズなところがたまらない。
電車以上のローカルさがたまらない。
金額が上がる瞬間の緊張感がたまらない。
とにかく降車ボタンを押したい・・・

電車はデジタルな感じだけどバスはアナログな感じ
普通は料金先払いのハズなんだが
降りるときに払うってのも何だか良いです。
乗って整理券?みたいな紙を取るのも
なんだか良い感じで
春の天気が良い日に、田舎のバスに乗ってしまった時には
もうね、終点まで行くしかないわ

2008/04/01

一年の四分の一を過ぎて思うこと。

企業ってのは、初めて会う学生を平均3回くらいの面接で
判断していて、大変だろうな、と思う。
変な奴を採用したら人事の責任になるわけで。
そら、慎重になるわ。
信用できるかも分からない、ちゃんと働くのかも分からない
すぐ辞めてしまうのでは・・・
と思っても仕方ない。
よく分から無い学生の将来に投資するんだ、企業は。
こいつは大丈夫だろうって。
同じ会社で働き続けるとすれば、
企業の投資=生涯賃金で2-3億くらいの投資になるのか?
単なる学生に億の投資をするなんて正気ではない。

これは、人事の立場になって分かるのかもしれないが
信頼に足る人物を採用したいですね。
そして信頼に足る人物でありたいですね。

とは言っても、自分自身とても胡散臭い感じが否めない。
なんつーか、基本的にダブルスタンダードだし。
つーか、スタンダードすら持ち合わせていないのかも。

このスタンダードを持っていない自分ってのはどうか?と
冷静に考えてみて、
結論としては、一つに決められない自分がいるわけだ。
一つに決めなければならないときが来るわけだが。

なぜに一つに決められないかと言えば、
一つ決めてしまったら、いろいろ止まってしまう感じがするから。
何かを選ぶってコトは、何かを選ばないってことで
ある部分では専門に特化するのだろうけど
選択しなかった部分では、何も得ないわけで
そこが非常にもったいないと思ってしまう。

よくよく考えてみれば、
高校受験で情報系の専門へ進まなかった(正確には進めなかった訳だけど、それはそれで喜ばしかったような記憶がある・・・)のも
大学受験で総合大学を選んだのも
結局将来的な道の広がりとしては大きいと思ったからで
普通科に行っておけば大体の大学・学部にいけるし
総合大学に行っておけば、他学部に移れるかも・・・
みたいな考えがあったように、今にして思う。
そういう意味では、だいたい何でもできる都市計画は性に合うんだな・・・
建築学科に進んでいたら発狂していたか?

ってことは、僕が求めているのは、一つの職業でいろいろつまみ食いができるところになるような気がする。
将来の広がりがあるって言うのは、ジョブローテーションで色々な部署に回されるのとはちょっと違って、自分で自分の仕事を選択できる余地があるということを言っているのだが、そういう意味では、行政はジョブローテーション的な感じがするので違うのか?
自分で自分の仕事を選択するのは、自営業なのか?
なんか良く分からなくなってきたぞ・・・

あ゛ー!!
この決定できない恐怖にオノノク感じ。
このヘタレな感じ
情けないけど嫌いじゃないです。
オレはMか?

という意味不明な日記で三月が終わるのでした。
今日は長かったけど、読んでくれてありがとう。

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ad


twitter

無料ブログはココログ