« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007/11/26

けつかっちん

けつかっちんとは業界用語で次の仕事・予定があるため、現在している仕事が延長できない状況、または次の予定が始まる(もしくは現在の仕事を終えないといけない)時間を意味する。ここから一般にも次に予定が詰まっているため現在していることを延長出来ない状況やその時間をさす。ちなみにけつかっちんの「かっちん」とは映画撮影でフィルムを回し始めるときと終えるときに鳴らすカチンコのことで、けつかっちんは「尻(ケツ)のカチンコ」=つまり、撮影を止めるときに鳴らすカチンコのことである。役者はこれが鳴ると演技を続けたくても否応なく止められることから前出の意味で使われるようになった。
【出典】日本語俗語辞書

いやぁ~まさに「けつかっちん」が今週末に控えているわけで。
かっちん、かっちん。
3回くらい「カチンコ」にはさまれちゃうよ。
住宅系で一回「かっちん」されます。
文化的景観でもう一回「かっちん」されます。
環境政策でダメ押しの「かっちん」されます。

尻は2つしか分かれていないのに
3回「かっちん」されるとなると
最後の1回は、まさかッ!?

ち め い て き だ ッ ! !

そうならないためにも、シコシコ作業するわけですが
そば食うたで、今日は。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
↓ちなみにDQNの由来?らしいで。

DQNとはラサール石井、田中律子司会によるテレビ朝日系列の番組『目撃ドキュン』からきた2ちゃん用語で「ドキュン」と読む。『目撃ドキュン』はいわゆる人生相談的番組だが、低学歴者や元不良がこういった番組で相談を持ちかける人のような人生を歩むことは当然という考え方から、当初、ドキュンは当初低学歴者に対して使われた。後にこれが転じて常識に欠けている人や知識が乏しい人全般を指すようになり、表記もドキュンを略したDQNとなる。
また、人を対象に使われていたDQNは企業に対しても使われるようになり、主に労働基準法を無視した企業を常識に欠けている企業という意味でDQN企業と呼ぶようになった。

【出典】日本語俗語辞書
↑このページ結構おもろい。

2007/11/25

フラッシュ

コタツが出たー
これで今年の冬も何とか越せそう

やらなきゃいけないことが沢山あるけど
一体何からやれば良いのか分からずに
テンヤワンヤで
明日のセミナーも直前ブッチしてもうた
キャンセルした瞬間に後悔が襲ってきた
そんな精神不安定な感じで
とりあえず得意のふて寝。
まぁ・・あれだ。明後日行くわ。ってことで。

閃光少女DVDのために電気屋をハシゴしたのに
どこにも売ってないなんてどうなってんじゃーい!
クソー。仕方なくi tunes storeで買った。

ヤマダ電機の駐車場システムはどうにかならんのかい
商品買わなかったら時間で金取られる
まぁ僕はゼントに停めたんだけど
DVD無いって分かって、落ち込んで、気付いたら
必殺仕事人の台に1000円突っこんでたわけだ。
真剣フラッシュ?になって、アツイと思わせて何も起こらず。
ふと我に返って、何とか1000円の出費ですんだ。
てか、1000円の駐車場代って高いな・・
あーフツーに帰れば良かったー

閃光少女

ミシュラン

これでレストランを思い浮かべた人は
流行に乗ってるねッ!
レストランよりタイヤを思い浮かべた人は・・異常!
うそうそ。そんな人がいても良いよ。

というわけでタイヤ換えた。
ミシュランにしたぜ。冬対応。
新しいって理由だけかも知れないけど、静かになった
気がする。

実家に帰る途中、雪がちらつき始めて
ノーマルだった僕は恐れ慄いてしまったわけ
しかも高速で。
積もるほどでもなかったから良いんだけどさ。
墓参りに行って、またしても雪がちらついて
今年の初雪をすでに体験したのであーる。
つーか、実家、超寒いんですけど。
なんじゃこりゃーってくらい

甥っ子は鼻水ジュルジュル
一歳半でちょっとしゃべるようになって、ドタドタ歩き回って
クサイ屁をこくというヤンチャボーイになってたわけだ。
どこで覚えたのかしらんが「ビビッた」って言う。
「おせんべい」は「ピピンピー」らしい。
ミニカーを常に片手に持っている。

つーわけで、寝る。

2007/11/21

最近の寒さについて

おぅおぅ!
冬将軍がやってきたぜ
とうとうコートを出したぜ
でもコタツはまだ出してないぜ
ふとんが汚いぜ
クリーニングが先だぜ

寒くて朝起きれないぜ
いつも起きれないけどな

ひとり言

研究室で呑み会があったわけで。
例の如く、牛君は天才であった・・
テーブルの真ん中でキレたときは
ボクモキレテヤロウカトオモイマシタヨ。
切れ返されたら牛君、どうなるんだろ?
次回が楽しみです。
うっしっし。

今日はなぜか7時に目が覚めて
ゴミを出して、ムニャムニャしてたら9時だったわけだ
医者に行ったけど、なんともスムーズな流れで
30分ですべて終了。
グッドリズム!グーッドウィドゥム!

今は研究室だけど誰もいません。
もう昼過ぎているのに。
流石、といったところ。

しゅうかつサイトのメイル多すぎ。
こんなに来ても読まないぜ。
広告はシンプルに限る。
シンプルな奴が強いってQ太郎も言ってたしな。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
追加

そー言えば、昨日の牛君は
「別に・・」とか「特に何も・・」とか言ってるから
「沢尻のマネですか?」って突っこんであげたのに
どうやら牛君は沢尻を知らなかったらしい。
んー?
あんなにネットばかり見て、情報収集してるのに
旬な話題についていけないなんて・・
収集する情報が偏ってるんですかね。秋葉原方面に。

優しい僕は教えてあげましたよ。親切に
「沢尻エリカは、最近映画にも出るようになった
 若手女性落語家です。」って。
牛君、さすがにウソだって分かったらしい。
上出来。

2007/11/20

あー

今週末家に帰るので
死に物狂いで課題をこなす。
実家には新しいタイヤが用意されているのであーる。
うひょーい!

2007/11/17

休日のお仕事

コンペの表彰式のために
二度と行かないんじゃあないのか?
と思っていた対象地まで行った。

一応「優秀賞」なわけだけど、我が研究質は最優秀賞以外
興味が無いわけで、誰が表彰式に行くか決める時にも
誰も行きたがらない。この興味の無さ。
プロフェッサーも急に行けないと言い出して、
渋々3人で向かったわけ。

途中、昼飯を対象地付近で食べて
「地方にお金を落とす」というまちづくり的行事を
しっかりと遂行。

食べ終わって店の時計を見たら開催15分前くらい。
自分の時計を見たら10分前。
店横の農協?の時計を見ると15分前くらい。
なんだ、なんだ?
この地域は標準時刻より5分遅れているではないか。
会場に着くとすぐに式が始まった。
なんだ、なんだ?
ちゃんと標準時刻で始まりやがった。
くそー
と言いながらも、いつも通りの社長出勤っぷり。

受付の参加者の名前確認の時に、プロフェッサーの出席が
なかったんだけど、これはもしや急に行けなくなたわけではなくて
はじめから行く気は無かったのではないか?とふと思った。
この思いはココロにしまっておきましたが。

中に入って、意外と一般の人がいてびっくりしたわけだ。
はじめに小学生や中学生が絵の表彰。
続いて、写真の表彰。
最後にまちづくりの表彰。

特にこれといって報告することも無いくらいに淡々と式が進んで
終了。
帰宅。
五万を手に入れる任務完了。

2007/11/15

就職について語る。その1

夢をみた。
動物園に就職した夢を。
就職とゆーかバイトに近いかもしれない。
なぜに動物園なのか・・
入社?(入園?)した日から動物の檻を掃除した。
いくつもいくつも掃除して、なぜか昼寝した。
昼寝したら怒られた。
毎日毎日掃除した。
ある日、嫌気がさして実家に帰った。
2,3日引き篭もった。
そして動物園に戻ったら別の仕事になった。
居酒屋の店員。
なぜ動物園が居酒屋なのか・・
現実世界で居酒屋で働いたこと無いのに
ある程度仕事ができるなんて・・
流石、夢。
居酒屋店員としてテキパキ働いた。
トイレの掃除までした。
最後は自分の綺麗にしたトイレで用を済ませて終了。

という夢だったわけで、一体なんだったんだ・・これは。
共通しているのは
誰か、または何かの「世話」をしていたこと。
何かを綺麗にしていたこと。

んー??

まーね、就職に関して示唆を得るものは無かったと。

2007/11/14

熊野古道の写真

Manbo_2
土日限定、マンボウ焼き。
鶏肉みたいでうまい。

Kumanokodo_2
熊野古道と世界遺産抗議の木
写真より実際にみると衝撃的。

Kodomo_2
漁師町で見つけた不貞腐れた子供
プクーってなってるのが可愛らしい。

Asiyu_2
足湯きもちーわ。

TV

本日のガイアの夜明けはクレーム処理について
いやー、クレームって結構来るもんだな。
知らなかった。
僕はクレームを言う人ではないから。
どちらかと言うと消費者泣き寝入りタイプ。
と言いながらも、今年の春はブチ切れていたんだけど
NTTにねッ!!

きっとクレーム言う人って大体どこでも色々言う人で
恐らくだけど、紅白でオズマが脱いだ時とか
変な正義感持って、
大晦日の夜にNHKに電話しちゃったりする人だと思う
別に良いんだけどさ。

見ていて思ったけど、
クレームを言ってくれる客はありがたい存在っていうのは確か。
気にいらないことがあれば
普通は商品を変えたり、メーカーを変えたり、店を買えたり。
客が離れていくことが企業にとっては一番痛いことで
客が離れる原因を知るチャンスがあったってことは
改善すれば良い訳で、
実にありがたいことでもある。
文句言ってまで使ってくれる存在は大切なわけね。

ただ、クレーム対応係にはなりたくない。
応対は女の人が多いんだけど。
男の声より女の声の方が良いのか分からないけど
ストレス溜まるわ、絶対。

そのうち、クレーム対応係のクレーム対応係とかできちゃって
精神科医のための精神科医みたいな
レッカー車で運ばれるレッカー車みたいな
すげーオモシロ構造になりそうな・・・

なるわけねーけど!

2007/11/12

sono2

金曜の4限終わって、幕張行って東京モーターショー
もちろんGT-Rを見てきたわけだ。
60連写くらいしてやったぜ!
詳しくは後日、写真つきで。書きます。

というわけで、熊野の続き。
本日は番外編「ヒデヲ、高野山へ行く」の巻。
これは研究室とは関係ない旅。
雨が降る中、しかも夜に
そして、こともあろうに“うっしー”の運転!!
恐怖3拍子で向かったわけだ。
うっしーの運転だけで恐怖なのに、夜と雨。
なんたる相乗効果。
おかげで、宿に着いた時は
「恐怖を乗り越えた花京院」バリに渋くなった。
まぁ、寿命が縮んだってことで。
で、風呂に入ったりなんやらかんやらで寝。

翌朝。
初めて温泉粥?みたいなモノを食べたけど
どうも硫黄を食っているようで好きになれなかったので、残す。
今思えば、温泉卵もっと食っとけば良かった。
で、熊野本宮大社。
またもや、うっしーですよ。
初めてナビに切れる人を見たぜッ!
そこにシビれないし、憧れもないけど・・

世界遺産になると自治体も頑張るらしい。
けどやはり観光地化してしまうのね。
でも、伊勢神宮に比べて神憑る感じがして高評価。
お参りは近年稀にみる大奮発。

高野山までもうっしーの華麗なるドライビング。
途中、足湯でHPの回復ができたのは大きい。
ベホマズン級の回復をみせた。
高野山に行く途中は、霞?霧?が山にかかって綺麗でした
流石、霊峰といったところでしょうか。
ホント、神様いそうだたよ。

で、高野山はというと、しっかり観光地でした。
世界遺産も何も無いな、ありゃ。
どこか地方の歴史を活かした景観まちづくり級の街並みだし
確かに寺は厳かな雰囲気ではあるけど、中にいるのはクソ坊主。
坊主と言っても、やっぱり人間だから煩悩は捨てきれない
部分はあるんだろうな・・とか思ったり

世の中で何が真理か?って話は分からないことばかりだけど
確実に真理と言えるのは「人が死ぬこと」なわけで
その点では、坊主は仕事が無くならない。
檀家とかも多いだろうし、実際、儲かってるんだろうなー
いろいろ取った写真は後日載せます。

てか、冷静になって考えて、今気付いたけど
じいちゃんが去年死んでしまったので今年はお参り禁止でした
ごめんなさい、じいちゃん。

2007/11/08

連絡

金曜4限終了後
行く方向でOK?
とりあえず昼くらいに連絡を!

sono1

暫く留守にしてました。
というのも、霊峰の山々を巡っていたから。
調査を兼ねてというか、メインなわけだけど三重まで出張。
世界遺産「熊野古道」巡り。
熊野三山に向かう古道が世界遺産になって
紀伊山地あたり?が、世界遺産になったわけです
正確には道が世界遺産なわけだけれども
その麓の街並み調査とまちづくり提案のために出向。

2泊3日。手厚い歓迎を受けて
松阪牛の肉じゃがとか焼肉とか、お腹がパンパンになたよ

よくわからないけど、恐らく人生初三重県。
海と山に挟まれた限りなく小さな場所に人がいたなんて
思いもよらず、なんでこんなところに住んでいるのか、と。
山は見慣れていたけど、山と海を同時に見れるところなんて
他にあるのか?しかも、リアス式海岸?入り江みたいなのが
そこかしこにあって風景は良い所。訪れるにも宵。
また行きたいところリストに追加しました。

深夜一時に出発して伊勢神宮に朝9時くらいに着
秋だから落ち葉があってそれを掃除する必要があるのは理解できるけど
人がお参りしているのに、足元をガシガシホウキで掃いたり
歩いているのに砂利を飛ばしてきたりと、だいぶムカついた。
伊勢神宮は由緒あるのかどうか知らんが、参拝客に気を使えよ。
死ね!伊勢神宮!!燃えてしまえ!!
今後絶対に伊勢神宮には行かない。腹が立つ。

潰れた赤福。おかげ横丁を通過して。数時間後、熊野古道に登る。
はっきりいって山登りなわけで、石畳はそこそこ綺麗だったけど
ハァハァしてしまったよ。
途中、世界遺産抗議の檜と称される落書きされた木々があって
写真でみて知ってはいたけど実際に見るとなかなかすごい。
ここまでする必要はあるのか?と思いつつも
それなりの主張もあるんだろうと思う。
抗議と言うにはあまりに稚拙だけれど、単なる落書きというわけでも
無いような気はします。遺産を保護しようとは思うけれども、
これは当事者にならないと分からないのかもしれない。
権利に制約がつく状態は経験したことないから分からん。

そして初めて漁師町?みたいな、すげー細い路地とか歩き回って
カルチャーショックを多少感じた。
小学生の授業参観して、ほっこりなったり。

そーいえば、プロフェッサーの初期の作品である住宅を見た
今回の旅のコーディネーターでもある人の住宅を設計したのが
プロフェッサーなわけですが、なかなか良い感じデ。
コンクリートのうちっ放しで、でも天井に木を張っていたり。
しかしあまり感動しなかったのはなぜでしょう。
答えは・・
住んでいる人は結構お金持ちなんだろう
家の中にクラシックが流れるなんて!
グランドピアノがあるなんて!
(いや、僕の家にもピアノはあるんだけどね)
パーテーできる場所があるなんて!!
うちなら茶の間だろうなーとか思ってみたり。

とゆーことで、時系列的にではなく
思い立ったままに日記を書きましたが
眠くなったので今日は寝ます。
続きは明日に!
では、オヤッシュ!!

2007/11/02

ふぅ・・

おはようゴザイマス。
ねみー
今から朝食を作りたいと思います。

では。

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ad


twitter

無料ブログはココログ