« 報告 | トップページ | トリ »

2007/03/19

西へ西へ

春はあけぼの

やうやう白くなりゆく山ぎは

少し明りて

紫だちたる雲の

細くたなびきたる・・・

枕の草子 by 清少納言

。。。。。

先週は底冷えする古都へ赴いたわけですけど、寒くて死ぬかと思った。というのは言いすぎですけど、暖冬と言えども冬は寒いわけで。

「春のあけぼの」は、ふとんの中がいとよろし。

「春は明け方が美しい」のは昔の話で、今となっては車が走って電車が走って人が動いて騒がしく、ビルが建って明かりが点いて、冬なのに部屋の中は暖かく、こんな生活を少納言殿は予想できたのでありませうか?

さてさて、枕草子から時は流れて2007年。

宇治にて。ここは源氏物語の震源地。

淫靡な雰囲気を求めて、とあるミュージアムを目指すも、ミュージアムはパッとせず。

お寺は、拝観料プラス種類豊富なおみくじ、占いの数々。

有名観光地になり得るお寺のふところは、どうやら暖かそうである。

お願いしたいことは山ほどありますが、さてさて大人数が参拝する中、僕のお願いは聞いてもらえるのでしょうか。

願いの切実さを表す意気込みとして賽銭を奮発してみた方が良さそうである。

どうやら、先立つものは「金」らしい。

しかし、残念。ノーマネーでフィニッシュです。

。。。。。

スパイダーマンかっこいい。

惚れた。

。。。。。

しかし、大原は良い。

子①「綺麗な景色やなぁ」

子②「雲が綺麗だねぇ」

子①「こんな景色も都会に行ったら見れなくなるんかなぁ」

子②「あっ!サルが飛んどる!!」

子①「サルは飛ばへん」

。。。。。

和は良いよ。和は。畳サイコーだよ。

と言っても、畳との触れ合いは無かったけど。

木造もよろし。

詳しくは後程。

« 報告 | トップページ | トリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/22678/5739208

この記事へのトラックバック一覧です: 西へ西へ:

« 報告 | トップページ | トリ »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ad


twitter

無料ブログはココログ