2016/11/01

コンビニ人間

コンビニ人間 村田沙耶香
評価:★★★★★

本を読むのは好きですが、特に拘りがある訳ではないので手当たり次第に読んできました。なので、今回、初めて何かしらの賞を受賞した本を読んだことになります。
ネット上で面白いという意見をチラホラ見た、というのも理由の一つ。

感想は、とても読みやすく、内容も面白く、現代社会あるある、みたいな感じ。
読み始めて一気に最後まで読めました。

社会の中で「自分らしくいる」ことはとても難しくて、「自分らしさ」の実現や自分の居場所を求める場所が、家庭だったり、会社だったり、友人関係だったりするのだろう。そして、主人公はそれをコンビニでのバイトで実現している。「自分らしさ」を出せるのがコンビニだったと言うより、バイトを始めたコンビニにおいて、「自分らしさ」が形成されたとも言える。

一方で、「(普通ではないという意味での)自分らしさ」が外に出ている人を見る「周囲の人」は、その人が普通の人として理解されるくらいのムラ社会に属していて、そのムラでの振る舞いができている。
そういう多数の人は、主人公のような(普通でない)人を面白がったり、上から目線で心配したり、異常だと認識したりする。
自分たちのムラにはいない異端者として扱う。

こちら側とあちら側。

「現代社会、個人主義だと言いながらムラに所属しようとしない人間は、干渉され無理強いされ、最終的にはムラから追放される」

ムラに居続けるには、そのムラにあった振る舞いをしないといけない。
コンビニにいるには「店員」になりきらないといけない。
周りに合わせることが必ずしも良いことだとは思わないけれど、周りに合わせないことで排斥の対象になる可能性が高まるのも確か。
幼い頃で言えば、いじめの構造と同じだと思うし、会社にだってこういうのはある。

郷に入っては郷に従え、ということを分かりやすい身近な物語にするとこの本の内容になるのだと思います。
コンビニでバイトをしたことがある人は、結構理解できると思うけど、私はコンビニバイトをしたことが無いので、いまいちピンと来なかったし、目新しい内容や考え方でも無かったかな、というところです。
ただ、読みやすいので、読んで見て良いと思います。

2016/09/17

仕事の気分転換(岡山北部編)④

津山に向かう。
選んだホルモンうどん店は住宅地にある店。
99歩まで順調に進んだものの、最後、住宅地に入るタイミングを逃した。
住宅地内は難しい。

で、到着。

人はあまり居なくて、常連っぽい人がチラホラ。
ホルモンうどんを注文、出てくる。

おお、焼きうどん+ホルモン。
これと言って、感動、驚きはなし。

実食。

うーむ、まずくはないけれど、特別美味しいという訳でもない。
でも、入っていたホルモンはうまい。
2玉分のうどんだったけど、朝から何も食べていなかったので、ぺろりんと食べる。

まぁ、2回食べなくても良いかな。
(まずかったわけではありません。)

そんなこんなで、20時位になったので、家に帰りました。
約8時間位の岡山北部の旅だったけど、それなりにいろいろ見れたし、食べたりできたので、良かったです。次は、岡山東部の旅に行きたいと思います。

仕事の気分転換(岡山北部編)③

真賀温泉を堪能して、いざ勝山へ。

観光用の駐車場があったけれど、ナビがないからどう行けば良いのかよく分からず、結局、ご迷惑とは思いながらも、近くのスーパー兼酒屋の駐車場に車を駐めて、まちなみのあるところまで少し歩く。
まちなみ保存地区へ。

Img_20160914_174533

Img_20160914_174651

夕方、やや暗くなってきて、人通りが少なかったけど、整った通りで個人的には好きな感じです。
まちなみ自体にこれと言って特有の何かがあるわけではなさそうだけど、建物が整っているだけでも歩いていて気分が良いです。
そして、保存地区のメイン通りと思われるところから直角に交わる別のとおりには、檜舞台という通り?があって、アーケード的にヒノキと思われるものがあった。
連続性を醸し出しているのかな?
趣旨がいまいち分からなかったけど、風鈴が付いていたりして、雰囲気を醸し出している感がありました。悪く無いと思います。
Img_20160914_175303

こういう、ものすごい観光地にならなくても、住んでいる人が協力したりしてまちづくりをしているのがとても良いです。こういうところに住んでみるのもイイねぇ〜

ということで、短時間だったけど勝山を堪能。していたらお腹が空いてきた。
帰る途中で何か名物でも、と思ったけれど、ピンとくる名物がない。
いろいろ考えた末、ちょっと遠いけど津山まで行って、B級グルメのホルモンうどんを食べることにしました。
またまた、1時間位の運転です。

つづく。

仕事の気分転換(岡山北部編)②

山道を進むこと1時間位。
湯原温泉に向かう途中に勝山通過。
時刻は16時くらい。

運転しながら考える。

湯原温泉の中心までは、まだ距離はある。けど、勝山も見たい。
次に岡山北部に来ることはあるか。何を目的に来るか。
湯原温泉? まあ、ありかな。
勝山? 勝山のためにわざわざ来るとは思えない…
冬はきっと大山にボードに行くだろう。その帰りに湯原温泉に立ち寄ると思えるか?
立ち寄りそうな気がする…
すると、今回湯原を諦めて勝山でも良いんじゃないか?
いやいや、今日は温泉に入るために来た訳で。
湯原の手前に真賀温泉というところがあるぞ。
湯原温泉エリアとして広い意味では、湯原になるんじゃないか?
温泉だし。

うーむ。

ということで、急遽、予定を変更して、やや近めの真賀温泉に行き、帰りに勝山の町並みを見ることにしました。

一路、真賀温泉に。

5台位の道路沿いの駐車場から階段上がった上にありました。
そして、なんと!
混浴とか家族風呂があるらしい。驚いたなぁ。
とは言え、一人で混浴ってのも、まぁ無いでしょ。
で、通常の男風呂。150円。安っ!!

Img_20160914_165049

※こっそり撮った。
お湯はぬるめで、そんなに広くもなかったけど、誰もいなかったから独り占めでした。
シャンプーもリンスも入る前に買わないといけなくて、買わなければ本当に温泉だけ。
だが、それが良い。
30分位お風呂に入って気分転換できました。
待合室みたいなところも、扇風機とソファーと漫画本とか、大衆的な感じで良いです。
ただ、受付のおっさんが無愛想すぎる!

つーわけで、一番の目的の温泉を楽しんで、スルーした勝山へ向かうのでした。

つづく。

2016/09/15

仕事の気分転換(岡山北部編)①

仕事が辛いので休みの日はリラックスできるように心がけているところです。
今回は2日くらいの休みが取れたので、温泉に入ること、行ったことのない場所に行くことを目的として計画を立てました。まぁ、だいたい目的はいつも同じなんだけど。
最終的に岡山県北部にある湯原温泉でゆっくりすることと、そこに行く途中、高梁市にある吹屋ふるさと村と勝山の町並み保存地区が見れそうだったので立ち寄ることに。

仕事が終わり、朝方から出かけようと思っていたけど、ふと気を抜いたら寝てしまい、結局出発したのが12時くらい。
まずは高梁市の吹屋ふるさと村に向かう。
お金が潤沢ではないので、高速道路ではなく下道。
飲み物も、家で作っておいた烏龍茶を持って…
ついでに、起きるのが遅くて慌てていたらご飯食べるの忘れた。

出発。

岡山市内から高梁市まではだいたい一本道で2時間かからないくらい。ふるさと村はさらに山よりにあるので、プラス時間がかかって、でも2時間位で到着。
平日で人が少ないから車も少なくて、どこの駐車場が良いのか山道を少し迷ってしまったけれど、観光用の無料駐車場に駐車。

いざ散策。

んー、赤い。でもvividな赤ではない。

Img_20160914_141053

それぞれの家自体は、妻入りだとか入り母屋だとか特に統一されているわけではないけど、赤というか、ベンガラ色が主となって、町並みの統一感、雰囲気が良い。家の瓦がベンガラ色かと思いきや、壁板もベンガラなんですねぇ。これは意味があるから塗っているんだよなぁ。

お土産屋で、雨に濡れると唐草模様とか桜の模様とかが浮き出る傘が売られていて、ちょっと欲しくなってしまった。店のおばちゃんとも「いいっすね~。かっこいい」とか話して買おうかとふと思ったけど、よく考えたら、傘さす時は雨が降っているわけで、そうしたら模様が出て当然なわけ。模様が出ていない状態の傘は当然いつもは閉じられているのだから、この模様が浮き出る感動は買うときだけなんじゃないかと。
使うときには気づかないんじゃないかと。てか、そもそも模様付きの傘買えばいんじゃね??

ということで、スタコラサッサと移動。

平日は閑散としている前提か、着いた時間が良くなかったのか分からないけど、閉まっているお店もあって、活気は少なめで残念でした。人も少なかった。

ということで伝建地区を楽しんでいたら15時くらい。
この調子だと勝山行って、湯原の温泉に入れないかもしれない!と焦り、勝山はスルーして一路、山道を湯原へ向かいました。

つづく。


«ルスツリゾート

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ad


twitter

無料ブログはココログ